人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人気外食チェーン11店のランチタイム人気メニューTOP3

2017.07.24

【SHOP 5】濃厚で満足度が高い金沢カレーを全国区に「ゴーゴーカレー」

水を使わず、食材の水分だけで仕上げた、深い旨味が特徴的な金沢カレーを全国に広めた。カツやコロッケなどのフライ類と相性がよく、気分に合わせてカスタマイズしていくのも楽しみのひとつ。

金沢カレーの条件はキャベツの千切り

 ご当地カレーがブームの中でも高い認知度の金沢カレー。背景にはこのチェーンの存在がある。金沢カレーにはルーは濃厚でドロッとしていて、キャベツの千切りがのっている、ステンレスの皿に盛るなどの特徴がある。基本的にカツなどのトッピングをのせるのだが、時間がないビジネスパーソンは、ルーのみでオーダーする人も。混雑時でも1分ほどで出てくる。このように提供するスピードも〝品質〟のひとつととらえている。

「ゴーゴーカレー」のデータ

4-62-036

創業年 2004年
お店の数 国内67店 海外6店
ランチ客単価 800円
男女比 6:4

東京に進出した当時、秋葉原1号店は行列がニュースになったことも。濃厚なルーは、玉ねぎの甘さとエッジが立った香辛料の風味がベストバランス。2008年にニューヨークに進出。

広報さんに聞きました

「カレーに合うように、ごはんにもこだわっています。国産米を使用し、毎日店舗でベストな水加減で炊き上げています。また、提供するスピードにもこだわり、5分以上お待たせしないようにしています。」

株式会社
ゴーゴーカレーグループ
島口 淳さん

「ゴーゴーカレー」注目の最新TOPICS

春の新作は、チキン南蛮風カレー。

シャキシャキキャベツの千切りはルーとからめて。

濃厚なルーは、それ単体をツマミにする人も多い。

ドロッとしていて旨味があり辛い。しかし、辛さがあとに引かず爽やかに抜けていくルーが特徴。これは、55の工程を5時間かけてじっくり煮込んでいるのが秘訣。加えて55時間寝かし、旨味を熟成させているのも特徴。金沢出身の松井秀喜氏にどこか似ているゴリラのロゴがトレードマークだ。

これを食べよう!人気ベスト3

〈1位〉ロースカツカレー エコノミークラス(780円)

4-62-031

●カリッとしたカツにはソースがかかる
ルーに合わせて特別開発のカツがのる。ソースとルーとがからみ合い、とても濃厚。食べ慣れるとほかのカレーが物足りなくなる。

〈2位〉ウインナーカレー エコノミークラス(780円)

4-62-032

●フライしてあるウインナーが斬新
今までケチャップをつけて食べていたがウインナーがカレーに合うことを気づかせてくれる。ソースをかけて味を変えるのもGOOD。

〈3位〉エビフライカレー エコノミークラス(780円)

4-62-033

●エビフライはリッチな気分になる♪
タルタルソース×ルーという濃厚な組み合わせも楽しめる人気メニュー。カツを追加トッピングにする人も多く、常連客も支持。

[ツウはコレを食べる]裏ヒットメニュー

メジャーカレー エコノミークラス(1000円)

4-62-035

●メジャー級の活躍を狙うなら、コレ!
ロースカツ、チキンカツ、ウインナー、エビフライ、ゆで卵というトッピングを盛り合わせた、インパクトあるメニュー。ランチでパワーを注入したい時にオススメ。食べ切ったあとには不思議な達成感に包まれる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。