小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
NEXT STEP

私たちが踏み出した、新たな一歩

STORY 02
前編

フリーターとして生活するのもありでしたが、私にはダメでした。
自分が必要とされる場所が欲しかったんです。

八木千夏さん(22)
PROFILE
高校卒業後、大学で韓国語を学んでいたが中退。2018年3月に株式会社アクトに入社、現在は町田店に勤務する。

 人は思い描いたように生きられるものではない。壁にぶつかり思い悩む。だが、自分の意思や夢は誰かに肩代わりしてもらうわけにいかない。
 訳ありの事情を背負った若者が、ぼんやりとでも目標を見据え歩き出し、おぼろげだった自分の道が、徐々にはっきりとしてくる。このシリーズではそんな若者を紹介する。就活を経て、社会人として踏み出し、何かを見出した若者にスポットを当て、その人生にうなずき、静かに拍手を贈る企画である。

 シリーズ2回目は株式会社アクト 町田店 八木千夏さん(22)。2018年3月入社だ。アクトは工具の買い取り・販売・修理の店舗「アクトツール」を埼玉、東京、神奈川に展開。電動工具、エア工具、エンジン工具等々、建設や道路の工事現場で使用する中古、新品の工具を取り揃え、店舗販売する。年商11億円、従業員数は約80名だ。
 運送会社勤務の父親もパート勤めの母親も趣味は読書、そんな両親の影響から八木さんも幼い頃から本に親しんでいた。

職人さんやお年寄りにも、話しかけられるようになったアルバイトの体験

 中学までの私は読書好きで、人見知りするところがありました。人と話をすることがあまり得意ではなかったんです。でも、高校の3年間、家の近くのホームセンターで続けたアルバイトはいい経験になりました。まず、レジリーダーのパートの女性によくしてもらいました。髪を短くした時は、「あれ、千夏ちゃん、失恋したの?」と、笑顔で声をかけられて。「えっ!?そんなことないです。失恋する相手なんていないですよ」とか、私も明るく応えたりしました。

「声が小さいよ、お客さんにはもっと大きな声で」
「女性は笑顔が武器だからね」
 レジリーダーからそう教えられて。徐々に硬さが取れて自然と柔らかい表情がになれると、園芸コーナーを訪れるおばあちゃんおじいちゃんに、自然と声をかけられるようになりました。
「このお花植えるんですか」
「これからおじいちゃんと一緒に庭に植えるんだよ」
「今日は天気がいいので、お花を植えるには絶好ですね」
「うんうん、春が楽しみだわ」
「お庭にきれいな花が咲きますね」
 そんな会話ができるようになると、「千夏ちゃん、今日はね、この色のパンジーを植えるんだ」とか、常連の年配の方が、声をかけてくれるようになってうれしかったですね。

 職人さんが、工具や材料を購入するブースのレジにも立ちました。作業着姿なので最初はちょっと怖かったのですが、現場仕事の職人さんたちは皆さん気さく方ばかりでした。レジは出入口のそばにありますから、冬は風が吹き込んで寒い。「今日寒いね、これ使ってよ」と、カイロをくれたり。「千夏ちゃん、これ飲んでよ」と、暖かい缶コーヒーを差し入れしてくれたり。
「この鉄骨は『Cチャン』といってほら、鋼の断面がCの形をしているだろう。鉄骨ガレージの梁に使ったりするんだ」とか、ふつうの女子高生では知る機会がない、売り場の商品の建材を教えてもらったこともありました。

韓国語を学びたかったが……

 アルバイトをしていたおかげでお金に余裕があったので、バイト仲間とご飯を食べに行くこともありました。稼いだお金の多くはジャニーズの嵐や、K-POPのコンサートの費用に使いました。特に私はK-POPのファンで、高校で韓国語を選択科目に選んだのもその影響でした。
 韓国語を本格的に学びたい。語学の勉強をはじめてみると、そんな思いが私の中で高まりまして、韓国語を学べる韓国語学科のある大学に進学をしたんです。

 私の入学した大学の韓国語学科の学生は、2年生の時に全員、韓国の大学に1年間留学します。当然、私もそのつもりでいたんです。留学して、韓国語を上達させたいと思っていましたから。
 ところが――、ちょうどその時に、家庭の事情があって。「気にせず、自分のやりたいことをやりなさい」と、父は言ってくれたのですが。私は長女だからでしょうか。家を守りたいという思いが強かった。そのために私が家にいる時間を長くして、家の問題を先に解決したかったんです。とりあえず落ち着くまではと考えて結局、韓国への留学は辞退しました。

 これが私にとって一つの転機でした。同じ学科の同級生は韓国に留学してしまい、2年生になると韓国語の授業はありません。1年後、留学を終えて戻ってくる友達は、私よりはるかに韓国語が上達しているに違いない。韓国に留学して語学を向上させたいという目標を失い、これから私は一体何をすればいいのだろう。
 韓国語が思うように上達しなくても、大学に通い、4大卒として就職する道もあると考えました。でも「大学に通っている時間が無駄ではないと思えるのなら、それでいいんじゃないか」という父の言葉が、逆に私の決心を固めました。
 私にとって大学は何かを学ぶ場でした。韓国語習得へのモチベーションが曖昧になった時、このままでは無駄にダラダラと、大学に通うことになってしまうのが、嫌だったんです。それが私の中で大学を辞めようと決めた大きな理由でした。

何か窮屈な感覚

 大学を2年で中退して、さて何をしようか。専門学校に通い、何か手に職をつけようと思ったのですが、これといってやりたいことが見当たらなかった。大学を辞める前からチェーンのうどん店で、アルバイトをしていましたが、アルバイト仲間も自分のやるべきことがわかっていて、学校に通っていたり、自分の道を歩んでいるように見えました。

 私はいったい何をしているんだろう……。
 そんな思いが募り、何か窮屈な感覚に陥ってしまって辛かった。とにかくこの現状をなんとかしたい。フリーターとしてアルバイトで生活するのも考え方によっては楽なのでしょうけど、私にはダメでした。自分が必要とされる場所が欲しかったのです。
 正社員として腰を落ち着け責任を持て働けば、やりたいこと、やるべきことが自ずと見つかるのではないか。次の道として正社員へのシフトチェンジが私の脳裏を占めるようになっていきました。でも、どうすれば正社員への道が開けるのか。

「中退」「就職」と、自分の気持ちを吐露するように、PCで検索をかけると、中退やフリーターや第二新卒、壁にぶつかったことがある人たちの就職の支援に、積極的なジェイックという名前の会社がヒットしたんです。

さて、八木さんは正社員になって、やりたいこと、やるべきことが見つかったのか。果たして窮屈さからの解放が叶ったのか。自分の道は開けたのか、その詳細は後編で。

取材・文/根岸康雄( http://根岸康雄.yokohama

後編

将来、私は女性店長になりたい。
店長として現場仕事の職人さんと接したいと思っているんです。

続きを見る

あなたもリスタートしませんか?就職成功率80.3% ジェイックの就職支援サービス

  • NO!BLACK!
    転職支援
    ジェイックの社員が実際に足を運んで目で確認。みなさんが安心して働ける「厳しい審査基準にクリアした企業だけ」を厳選してご紹介!
  • GOOD!TRAINING!
    ジョブトレーニング
    早期離職者や既卒者・フリーターの方の為に、無料の就活講座を実施。失敗しない企業の選び方や、ビジネスマナー、面接対策までしっかりとサポートします。
  • NICE!SUPPORT!
    入社後活躍研修
    入社してからが本当のスタート。
    定着・活躍を考えた計4回の定期研修が、1年間無料で受けられます。ジェイックは入社後も変わらず応援し続けます!

ARCHIVES 過去記事を見る

COMING SOON...

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。