人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年会費無料カードを卒業して選びたい「ステータス」クレジットカード10選

2019.03.06

年齢を重ねてくると、おしゃれなレストランなど、ちょっとリッチなお店に行く機会も増えてくる。そんなワンランク上のお店では、クレジットカードで支払いをするときも、「かっこつけたい!」と考える人もいるのではないだろうか? この記事では、クレジットカードの「ステータス」を解説しつつ、その魅力や疑問にお答えしていく。

【参考】

今さら聞けないクレジットカードの仕組みと賢い使い方

今さら聞けないクレジットカードの基礎知識

どんな意味があるの? クレジットカードのステータスとは

クレジットカードにおける“ステータス”とは、持ち主の社会的な地位の高さや信用を、カード会社が認めた証だ。クレジットカードのステータスが上がるほど、審査は厳しくなる。どんなに欲しいクレジットカードがあっても、審査に通らなければ持てないだけに、所有すること自体が信用の証明になるというわけだ。

ステータスのわかりやすい基準の一つとして、クレジットカードの「格付けランク」がある。ステータスの高い順に、ブラックカード、プラチナカード、ゴールドカードなどがある。その下が、カードに特別なカラーのない一般カードだ。

ここで注意したいのが、たとえば同じ“ゴールドカード”であっても、カード会社が違えばステータス性も違うということ。クレジットカードのステータスは、カード会社のブランドイメージや審査の難易度など、さまざまな要素が組み合わさっていることを覚えておこう。

【参考】

クレジットカードを申し込んでも作れない理由とその理由を調べる方法

クレジットカードの審査が通らない人の共通点

最高峰に格付けされる、ステータスNo.1のクレジットカードとは?

誰もが憧れる、現時点で最高峰のステータスカードといえば、「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」だ。最上位のランクであるブラックカードは、一流企業の社長や芸能人が持つと言われている。

審査には自分から申し込めず、インビテーション(招待)が必要。年会費はなんと30万円超えと非常に高額だが、専属のコンシェルジェ(秘書)がつき、入手困難な宿泊先やチケットの手配など超VIPな優待サービスを受けられる。

高ステータスのクレジットカードを所持する必要性があるのはこんな人

一般カードと異なり、年会費の高い高ステータスのカードを、わざわざ持つ必要があるのはどんな人だろうか?

おすすめなのは、旅行や出張などで移動が多い人や、ビジネスで接待をする人だ。高ステータスのクレジットカードには、秘書代行サービスが無料でついているものが多い。カード会社のコンシェルジュが、ホテル探しや接待に使うレストランの予約、チケットやお土産の手配などを代行してくれて便利だ。年会費が3万円台と、リーズナブルなものもあるので、検討してみてはいかかだろうか。

ステータスかポイント還元率か、クレジットカード選びで迷ったら?

年会費無料のクレジットカードは、ポイント還元率の高いものが多い。一方、高ステータスのクレジットカードは、年会費はかかるものの、質の高いサービスを受けられるのが魅力だ。

どちらのクレジットカードが、自分の生活に合っているのかは、やはり実際に使ってみるのが一番だ。年会費が無料のゴールドカードもあるので、気軽に試してみよう。

20代で持つクレジットカードは、将来の高ステータスカードを持つための布石

社会人になったばかりの人も多い20代は、そこまでクレジットカードのステータスにこだわる必要はない。しかし、将来的に高いステータスのカードを持ちたいなら、「利用の仕方」には注意しよう。

たとえばクレジットの返済を遅延するなどのトラブルは、専門の信用機関に記録される。こういったヒストリーは、クレジットカードの審査に影響するので、若いうちから優良な利用履歴を積み重ねておきたい。

【参考】

ブランドの違い、メリット、注意点の解説付き!初めて作る人におすすめのクレジットカード6選

海外でも、クレジットカードのステータスが高いと優遇される!

海外では、日本以上にクレジットカードのステータスが重視される。前述のとおり、その人物の収入や地位を、クレジットカード会社が審査を通じて保証しているからだ。

高いステータスのクレジットカードは、ラウンジ無料や海外旅行の際の保険サービスなども充実している。お店によっては、スタッフが好待遇してくれることもあるので、海外に行くことが多い人には特におすすめだ。

ステータスクレジットカード比較ランキング! 初心者におすすめのプラチナカードTOP10

年会費3万円台以下で所持できるプラチナカードの中から、おすすめの10枚をご紹介する。初心者でも手が届きやすい年会費ながら、一般カードとは一線を画したサービスを享受できる。ぜひ、参考にしてみてほしい。

1位 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費: 2万円(税別)

最高1億円の旅行傷害保険やプライオリティパス、便利な秘書サービスなど、プラチナならではのサービスが受けられる。年間200万円以上の利用で、翌年の年会費が半額となるため、カード決済がこの金額を超えるようであればさらにお得。コスパ最強のプラチナカードだ。

【参考】

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(公式)

2位 JCBプラチナカード

年会費:2万5000円(税別)

プライオリティパスやコンシェルジュなど、プラチナならではのサービスの利用が可能。厳選したレストラン2名以上での利用時に、1名分のコース料金が無料になる特典「グルメベネフィット」も見逃せない。

【参考】

JCBプラチナカード(公式)

3位 エポスプラチナカード

年会費 :3万円(税込)

※インビテーションの場合は2万円(税込)

プライオリティパスや旅行傷害保険が付帯など、さまざまなプラチナ特典がある。カード利用 年間100万円以上で2万ポイントの還元など、カードの利用状況に応じてボーナスポイントがもらえるのが魅力だ。

【参考】

エポスプラチナカード(公式)

4位 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 :2万1600円(税込)

コンシェルジュサービスや、空港ラウンジサービスなどが受けられる。プライオリティパスが、本人と家族の2枚分、無料で受けられるのも魅力。

【参考】

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(公式)

5位 Orico Card THE PLATINUM

年会費:2万円(税込)

空港ラウンジサービス無料、空港手荷物宅配無料など、プラチナカードに相応しいサービスを

提供してくれる一枚。

【参考】

Orico Card THE PLATINUM(公式)

6位 JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ

年会費:3万3480円(税込)

コンシェルジュ、プライオリティパス、グルメセレクションなどの多彩なプラチナサービスと、JAL航空券購入時の100円=4マイルという高還元が魅力だ。

【参考】

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ(公式)

7位 ミライノ カード PLATINUM

年会費:2万5000円(税別)

国内・海外旅行傷害保険が最高1億円など、多数のプラチナサービスがある。

【参考】

ミライノ カード PLATINUM(公式)

8位 SuMi TRUST CLUB プラチナカード

年会費:3万5000円(税別)

家族カードが無料で作れて、会員同様のサービスが受けれるのが◎。

【参考】

SuMi TRUST CLUB プラチナカード(公式)

9位 MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費:2万円(税別)

年会費も安価で、コスパのいい一枚。

【参考】

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(公式)

10位 ジャックスカードプラチナ

年会費:20,000円(税別)

「ラウンジ・キー」サービスや、常に1.50%の高還元率が魅力。

【参考】

ジャックスカードプラチナ(公式)

年齢的にも、一般カードはそろそろ卒業したい。そんな方は、年会費の安価な高ステータスのクレジットカードを所持してみてはいかがだろうか。こういったクレジットカードならではの質の高いサービスと、お店で出す時のリッチな感覚は、年会費無料のカードとはまた違ったお得感があるだろう。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。