人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ブランドの違い、メリット、注意点の解説付き!初めて作る人におすすめのクレジットカード6選

2019.02.20

1枚持っておくと便利なクレジットカード。「便利なのはわかっているけど、種類がありすぎてどれが良いのかわからない」……そういった方に向けて、クレジットカードを選ぶポイントを紹介します。

クレジットカードを初めて使う! クレカのメリットとは?

クレジットカードを作るメリットは以下の通り。

■ポイントやマイルが貯まってお得
■会計がラクになる
■給料日前でも買い物ができる
■かっこ良い(ステータスになる)

もちろん、うっかり使い過ぎて請求額を見て真っ青に……というリスクもありますが、上手く付き合っていけば便利なことは間違いありません。

「盗まれた時が怖い」と利用に踏み切れない方もいるかと思います。しかし、近年ではほぼ全ての会社のカードに紛失・盗難によってカードを不正利用された際の保険が付与されているので安心です。

クレジットカードを初めて作る時のポイント

クレジットカードを選ぶポイントは以下の通り。

■ポイント ⇒ 還元率や貯めたポイントの利用先。カードを利用する目的に合うかどうかで判断すると良い。
■年会費 ⇒ 年会費がずっと無料のカードも多い。
■ブランド ⇒ VISA、MasterCard、JCBなど。詳細は後述。
■年齢 ⇒ 20代限定、39歳以下限定カードなど、年齢別でお得になるカードも。
■機能/優待 ⇒ 電子マネーを搭載している、海外旅行保険が付いている、割引対象のお店が多い、継続特典で商品券がもらえるなど。
■発行日数 ⇒ 即日発行できるものや、ネットで24時間申し込みが可能なものも。

一番大切なのは、目的や生活スタイルに合ったものを選ぶこと。カードは使えば使うほどポイントが貯まるので、普段使いできるカードを長く使い続けると良いでしょう。

“お得なカード”というのは、人それぞれの生活スタイルによって異なります。

例えば、運転免許すら持っていないのに、ガソリンスタンドでのポイント還元率が高いカードを作っても宝の持ち腐れ。自分がよく利用するお店でポイントがたくさん付いたり、割引が利くものを選ぶとベストです。

公共料金の支払いで使う、携帯電話の料金支払いで使う、ネットショッピングで使う……など、自分がどんな用途でカードを使いたいのか決まっている方は、その目的に合うカードを作りましょう。

とりあえず作ってみたい方は、利用するたびにポイントが貯まる汎用性の高いカードを選ぶと良いと思います。

初めてのクレジットカードをブランドで選んでみる

クレジットカードを選ぶ時は、VISAやJCBなどのブランドもポイントになります。こちらでは、代表的なブランドを紹介します。

初めてだからわからない! クレジットカードの「ブランド」って何?

多くのクレジットカードは、VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club、銀聯(ぎんれい/UnionPay)など、国際ブランドのロゴが付いています。

ざっくり言うと、これらは決済ネットワークが異なります。そのため、同じ楽天カードでも「VISAの決済システムを使った楽天カード」、「MasterCardのシステムを使った楽天カード」があります。

クレジットカードを初めて作るなら、どのブランドがいい?

国際ブランドのカードは世界中で使えますが、目的に応じて加盟店の多いブランドを選ぶと良いでしょう。

『The Nilson Report』によると、各ブランドの世界的なシェアはVISAが圧倒的に多く、次いでMasterCardになります。

JCBは日本国内での加盟店が多いのですが、ご覧の通り世界的に見るとシェアは低いため、海外旅行や海外出張のお供としてはおすすめできません。

【参考】Charts & Graphs Archive(The Nilson Report)

クレジットカードを初めて作るなら、圧倒的なシェアを誇るVISA!

初めての一枚として選ぶなら、国内外で使えるVISAがおすすめ。今は海外に行く予定がないとしても、いつ急な出張や転勤が決まるかもわかりません。そういった時のために、VISAカードを1枚持っておくと安心です。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。