人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.27

今さら聞けないクレジットカードの仕組みと賢い使い方

海外と比較すると、今なお“現金派”の人が数多く存在する日本社会においても、確実にクレジットカードや電子マネーで支払いを済ませる人が増えてきている。現金派の人たちの中には、「利用状況が把握しにくい」「盗難のリスクを懸念している」といった理由で、カード決済を敬遠している人も多い。

そこで今回は、今さら人には聞けないクレジットカードの支払いの仕組みや使い方、メリットなどを解説していき、現金派の方々にも改めてクレジットカードの利便性を知ってもらえると幸いだ。

クレジットカードの仕組み

改めて説明する必要はないかもしれないが、まずはクレジットカードの仕組みから簡潔に説明していく。

ご存知の方も多いと思うが、クレジットカードとは、利用代金を信用で後払いすることができるカードのことで、代表的なカード会社としては、VISAやMastercard、JCB、Amexなどが挙げられる。

利用時には現金は不要であり、その場では、(レジの場合)サインをするか、暗証番号を入力する事で、決済をすることが可能な仕組みとなっている。その際、一括払いや、分割払いなどの支払方法を指定することができ、加盟店により選択肢は異なるが、どこでも必ずできるのは一括(一回払い)となっている。クレジットカードの支払い方法に関しては後ほど詳しく説明する。

また、クレジットカードを発行してもらうためには、入会審査が必要となる。審査基準は各社様々であり、年収〇万・年齢○歳・勤続○年以上などと審査基準が厳しい会社もあれば、安定収入さえあれば問題無いという甘い会社もある。近年では、「楽天カード」など学生でも比較的簡単に発行してもらえるクレジットカードカードも増えてきており、「100%大丈夫」とはいわないまでも、審査自体に関してはそこまで心配する必要はないだろう。

クレジットカードの支払い方法

先ほども説明したように、クレジットカードには一括払いや分割払いなどさまざまの支払い方法が存在する。

まず、1番多くの方が利用している支払方法が一括払い(1回払い)である。一括払いの仕組みは非常に簡単で、クレジットカードで支払いをした金額を翌月すぐに支払うというものだ。「楽天カード」を例にして説明すると、2月1日に5万円の支払いをした場合、翌月27日に5万円を一括で口座から引き落とし、といった仕組みになっている。

次に説明する分割払いについてだが、一般的に3回~24回払いまでのものを指し、金利手数料が別途発生する仕組みになっている(2回払いまでは金利手数料が発生しない)。

分割払いの引き落としの仕組み

分割払いの引き落としについてだが、例えば12万円の商品を3回払いで購入した場合の支払いイメージは以下のようになっている。

•2月1日に12万円を3回払いで利用
•3月27日に4万円+金利を支払い
•4月27日に4万円+金利を支払い
•5月27日に4万円+金利を支払い

金利手数料であったり、選択できる分割回数は各カード会社によってことなるので事前に確認しておくことをお勧めする。

この他に、リボ払いやボーナス払い、フレックス払いなどさまざまな支払い方法が存在するが、すべてのお店でこれらの支払い方法が選択できるわけではない。例えばコンビニやスーパーマーケットでは一括払いしか利用できないことが多い。このようにお店の業態によって使える支払い回数は異なるので、注意する必要がある。

レジでの決済とネットでの決済の違い

もう1つ覚えておいてほしいのが、クレジットカードをレジでの決済で使用する際は、先ほども説明したように、サインまたは暗証番号の入力を求められる場合があるのに対し、ネットでの決済の場合はカードの裏面に記載されているセキュリティーコードを入力する必要がある。

デビットカードとの違いとは?

クレジットカードとよく似たものとして、デビットカードというものも存在する。クレジットカードが使えるお店であれば、基本的にデビットカードも利用できる。ただし、デビットカードは一括払い(1回払い)にしか対応しておらず、使った瞬間に口座からすぐ利用額が引き落とされるシステムになっている。クレジットカードの支払い時期は先延ばしになるのでつい忘れてしまいがちだが、デビットカードは即時決済なので、その心配がない点が魅力といえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ