人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

話題のインスタント麺を10倍おいしく食べるコツ 

2018.09.25

年間600食以上のインスタンラーメンを食べている、即席麺評論家・大山即席斎さん。そんな彼が連載している「大山即席斎の“三ツ星”インスタント麺」では定番ラーメンから限定ラーメン、ご当地ラーメンまで様々なインスタントラーメンを紹介しています。今回はその中から抜粋して紹介。もし他の記事が気になる方はこちらからどうぞ。

話題のインスタント麺食べ比べ

災害時の備えに!お水で作るカップ麺、ベストな仕上がり時間は?

災害時の備えに!お水で作るカップ麺、ベストな仕上がり時間は?

自分はこれまでに即席麺をちょい足しなどいろいろとひと工夫して食べてきた。以前に取り上げたICEカップヌードルのように、熱湯で麺を戻してから氷で冷やして食べたことはあったが、麺を直接水で戻して作ったことはなかった。

【参考】https://dime.jp/genre/593678/

即席麺がついに還暦!今日はチキンラーメン60歳の誕生日だって知ってた?

即席麺がついに還暦!今日はチキンラーメン60歳の誕生日だって知ってた?

2018年8月25日はチキンラーメン60歳の誕生日。ということは日本の即席麺が還暦を迎えたということになる。おおっ、赤いちゃんちゃんこを用意せねば。

【参考】https://dime.jp/genre/583788/

エースコック「スーパーカップバニラ味」にアイスをちょい足しした結果…

エースコック「スーパーカップバニラ味」にアイスをちょい足しした結果…

前々回はエースコックのわかめラーメン、前回はエースコックのスーパーカップを取り上げた。 そして今回はエースコックのワンタンメンを取り上げたいと思う。 な、なんなんだ、この特定メーカーとの癒着ぶりは!裏金でももらったのか? いや、くれるのなら欲しいけど…。

【参考】https://dime.jp/genre/576089/

カップ麺に復刻ブーム到来!エースコック『スーパーカップ』新旧食べ比べ

カップ麺に復刻ブーム到来!エースコック『スーパーカップ』新旧食べ比べ

今年は東京ディズニーランド開園35周年ということで、テレビのバラエティや情報番組ではさかんに特集企画が放送されているが、実はインスタント麺業界にも発売35周年記念を迎えたレジェンド商品がある。それがエースコックのわかめラーメンだ。

【参考】https://dime.jp/genre/565344/

発売35周年のレジェンドカップ麺、エースコック『わかめラーメン』が愛される理由

発売35周年のレジェンドカップ麺、エースコック『わかめラーメン』が愛される理由

今年は東京ディズニーランド開園35周年ということで、テレビのバラエティや情報番組ではさかんに特集企画が放送されているが、実はインスタント麺業界にも発売35周年記念を迎えたレジェンド商品がある。 それがエースコックのわかめラーメンだ。

【参考】https://dime.jp/genre/556150/

マルちゃん「赤いきつね」シリーズって全部で何色あるか知ってる?

マルちゃん「赤いきつね」シリーズって全部で何色あるか知ってる?

前回は日清どん兵衛全部のせうどんを取り上げたので、今回はどん兵衛の好敵手であるマルちゃん赤いきつねシリーズを取り上げてみたい。 「赤いきつね」シリーズにはおなじみの「緑のたぬき」などが知られているが、この色シリーズにはいったい何色があるのだろうか。「白」や「黒」はすぐに思い浮かんだ人も多いだろうが、ほかにもまだまだある。ということでひとつずつ順番に紹介してみよう。

【参考】https://dime.jp/genre/551085/

こんなにあった!〝オッケー、バブリー!〟な全部のせカップ麺の系譜を辿る

こんなにあった!〝オッケー、バブリー!〟な全部のせカップ麺の系譜を辿る

日清から「オッケー、バブリー!」な一品が登場したっ! それが日清どん兵衛どリッチ全部のせうどん。 全部のせの大元となったのはバブル末期に秋葉原の行列店として有名になった「九州じゃんがららあめん」の「全部入り」だと思われる。

【参考】https://dime.jp/genre/540748/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。