人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.09.06

災害時の備えに!お水で作るカップ麺、ベストな仕上がり時間は?

■連載/大山即席斎の“三ツ星”インスタント麺

このたびの台風、地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに一日も早い復興をお祈り申し上げます。

毎年9月1日は防災の日。1923年9月1日に関東大震災が発生し、甚大な被害が生じたことから防災意識を喚起するために制定された。地震だけではなく竜巻・豪雨・台風・津波等、近年大きな被害が出る自然災害が多発しているので防災には日常の準備が欠かせない。

それに関連して警視庁警備部災害対策課のツイッターで示された「災害時に湯が沸かせない状況でカップ麺を水で作る方法」が大いに話題となった。

自分はこれまでに即席麺をちょい足しなどいろいろとひと工夫して食べてきた。以前に取り上げたICEカップヌードルのように、熱湯で麺を戻してから氷で冷やして食べたことはあったが、麺を直接水で戻して作ったことはなかった。

世間では水で戻したラーメンも「けっこう食べられる」という評価のようだが、自分の予想では「我慢すればなんとか食べられる」程度なんじゃないかって気がするのだが…。

果たしてそうなのか実際に作って食べてみた。

今回作るのは以下の7商品。いろいろなタイプの麺で試してみたい。

〔油揚げ麺〕日清食品 カップヌードル
〔油揚げ麺〕エースコック わかめラーメンごま・しょうゆ
〔味付油揚げ麺〕日清食品 チキンラーメン元祖鶏ガラ
〔ノンフライ麺〕日清食品 麺職人鶏ガラ醤油
〔うどん〕東洋水産 マルちゃん赤いきつねうどん(E)
〔焼そば〕まるか食品 ペヤングソースやきそば
〔ワンタン〕東洋水産 マルちゃんホットワンタンしょうゆ味

日清食品「カップヌードル」

水を入れて3分では麺がまったくほぐれていないので、箸が麺に突き刺さらない。

7分経つとなんとか箸で麺を持ち上げることができるようになったが、麺の食感はゴワゴワで、まだ食べるには早い。

10分経過すると多少ゴワゴワ感はあるものの食べられる程度の麺となった。

夏季で常温の温度が高かったせいもあり、スープを飲んだ印象は普通に作って少し時間が経ったときのカップヌードルスープとして飲めた。これが冬の冷水だったら麺やスープの油が固まってしまう可能性がある。かやくの卵・豚肉・ダイスミンチ・えびも特に違和感なく食べられた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ