小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

生誕25周年!初めて300km/hを達成した500系〈こだま〉の今

2017.12.19

■500系〈こだま〉は6号車指定席がオススメ


500系は〈こだま〉に転用されても、スーパースターであることに変わりない。

山陽新幹線博多から、500系の〈こだま740号〉新大阪行きに乗る。この列車の始発駅は博多南線博多南で、ここから上記列車に変わる。12分停車し、九州新幹線〈つばめ318号〉の到着を待つ。

11時05分に発車すると、窓に付着した雨を飛ばすほどのスピードで快走。最高速度が300km/hから285km/hに落ちたとはいえ、「速い」ことに変わりない。


6号車指定席。

私が乗車する6号車指定席は、元グリーン車。若干質を落とすことで普通車化された。とはいえ、坐り心地のよさは変わらず、終点まで5時間09分も過ごせるのは、究極の贅沢かもしれない。

小倉に到着すると、6号車の乗客が増える。ビジネスマンが多く、荷棚にキャリーバッグが載せづらい様子だ。取材1か月前と今回の“山陽〈こだま〉”は指定席の乗車率がよく、3両設定したことに納得いく。

500系はトンネル微気圧波低減のため、先頭車の先頭部長さは15メートル、車体断面は小断面積化(10.2平方メートル)を図り、円形の車体となった。特にトイレや公衆電話ボックスは、圧迫感がある。

このため、先頭車は天井が徐々に低くなり、乗務員室側に乗客用の乗降用ドアが設置できなくなったほか、荷棚に荷物が載せづらくなった。大きな荷物は「載せた」というより、「なんとか入れた」という感じで、気をつけないと天井の室内灯を壊しかねない。また、一部の席では、通路寄りに荷物置きを設けた。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。