人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.19

生誕25周年!初めて300km/hを達成した500系〈こだま〉の今

現在も強烈なインパクトを放つJR西日本500系は、古さを感じさせないが、気がつけば長老の域に達していた。山陽新幹線〈こだま〉用車両として、余生を過ごす“怪物”に乗ってみた。

■生誕25周年の500系


500系900番代(試作車)『WIN350』。

500系が登場したのは、意外と古く1992年4月。当時は500系900番代『WIN350』という高速試験車両で、最高速度350km/h運転を目指していた。走行試験で目標は達成したが、騒音に課題を残した。

その後、1995年12月から1996年1月にかけて落成した500系量産先行車では、営業列車の最高速度を300km/hに設定(性能的には320km/h運転も可能)。長い試運転の末、1997年3月22日に山陽新幹線〈のぞみ〉1往復でデビューした。また、同年に500系量産車が投入され、11月29日より東海道新幹線への直通運転を開始した。ただし、東海道新幹線ではカーブの多さなどから、270 km/h運転に抑えられた。

500系は時代の寵児となったが、N700系の投入に伴い〈のぞみ〉運用を順次離脱。2008年12月1日から、8両編成に短縮、最高速度も285km/hに変更の上、〈こだま〉の運用を開始し、0系を置き換えた。

なお、“500系〈のぞみ〉”と東海道新幹線の直通運転は、2010年2月28日で運行を終了した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ