小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「声が裏返った」「十八番が被った」「世代差で選曲になじめなかった」職場カラオケあるある10選

2019.03.14

英語力に自信があるビジネスパーソンの約6割が「洋楽がきっかけで英語を好きになった」と回答

職場カラオケに因んで、「洋楽」に関する意識や実態についても質問が行われた。

全回答者(1,000名)を対象に、洋楽が好きかどうか尋ねる調査が行われたところ、「洋楽が好きである」は41.0%となった。

また、英語に対する意識別にみると、「英語が好き」という人では「洋楽が好きである」は77.9%となっている。英語を学ぶことに前向きなビジネスパーソンの大半は、洋楽を楽しんでいるようだ。

また、「洋楽がきっかけで英語を好きになった経験がある」とした人は、全体の18.9%となった。

英語力に対する自信の有無別にみると、「英語力に自信がある」人では「洋楽がきっかけで英語を好きになった経験がある」と回答した割合は58.1%となっている。

洋楽“持ち歌”ランキング 1位「Top of the World」、50代では「Let It Be」、60代では「My Way」

カラオケで歌ったことがある、または歌いたいと思う洋楽の曲について尋ねる調査が行われた。

まず、【カラオケでの洋楽の“持ち歌”】を尋ね調査が行われた。

カラオケで洋楽の持ち歌がある人(317名)の回答をみると、1位「Top of the World(トップ・オブ・ザ・ワールド)/Carpenters」、2位「Let It Be(レット・イット・ビー)/The Beatles」、3位「Let It Go(レット・イット・ゴー)/Idina Menzel」となった。

1位の「Top of the World(トップ・オブ・ザ・ワールド)/Carpenters」は1972年発売のヒットソングだが、現在も幅広い世代で認知されていて、メロディも歌いやすいことから人気が高いようだ。

年代別にみると、50代では「Let It Be(レット・イット・ビー)/The Beatles」が1位という結果に。また60代では、「My Way(マイ・ウェイ)/Frank Sinatra」が1位だった。人生を振り返るような歌詞とゆったりしたテンポのこの曲は、60代に人気が高いようだ。

【歓送迎会のときにみんなで歌いたいと思う洋楽の曲】を尋ねる調査も行われた。

歓送迎会で歌いたい洋楽の曲がある人(253名)の回答をみると、1位「Top of the World(トップ・オブ・ザ・ワールド)/Carpenters」、2位「We Are The World(ウィー・アー・ザ・ワールド)/USA For Africa」、3位「Let It Go(レット・イット・ゴー)/Idina Menzel」となった。

2位の「We Are The World(ウィー・アー・ザ・ワールド)/USA For Africa」は、総勢45人の世界的アーティストが参加した壮大な曲だが、歓送迎会ではみんなでこの歌を歌いたいという人が多いようだ。

年代別にみると、20代では、映画『アナと雪の女王』の挿入歌として大ヒットが記憶に新しい「Let It Go(レット・イット・ゴー)/Idina Menzel」が1位という結果に。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。