小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「声が裏返った」「十八番が被った」「世代差で選曲になじめなかった」職場カラオケあるある10選

2019.03.14

職場でのストレスは熱唱で解消? “ひとりカラオケ”経験率は1割半、20代では約4割と高め

では、職場の人や友人と行くカラオケではなく、“ひとりカラオケ”に行くことはあるのだろうか。
全回答者(1,000名)を対象に、一人でカラオケに行く頻度を尋ねる調査が行われたところ、「月に1回以上」は4.4%となった。『行くことがある(計)』は15.3%という結果に。

年代別にみると、20代では『行くことがある(計)』は38.0%となり、20代の“ひとりカラオケ”経験率は4割近くとなっている。性年代別にみると、20代男性では「月に1回以上」は13.0%となり、全体(4.4%)を10ポイント近く上回った。

職場飲み会に求めること 「社員間のコミュニケーション」がダントツ

職場飲み会経験者に、職場飲み会で求めていることや話題にのぼるテーマについて尋ねる調査が行われた。

職場飲み会経験者(767名)を対象に、職場飲み会に求めていることを尋ねる調査が行われたところ、1位は「社員間のコミュニケーション」(60.0%)、2位は「おいしい食べ物やお酒」(40.3%)、3位「気分転換」(25.6%)となった。

職場飲み会には、グルメや気分転換よりも、コミュニケーションを求めているという人が多いようだ。また、「職場の結束力アップ」(19.2%)や、「仕事についての情報収集」(17.3%)、「人脈づくり」(12.0%)など、実務的な目的を持つ人もいるようだ。

職場飲み会経験者(767名)を対象に、これまでに参加した職場飲み会で話題にのぼったことを尋ねる調査が行われたところ、1位は「仕事・業務」(71.8%)、2位は「職場の人間関係」(55.3%)となり、業務や職場に関連することがTOP2となった。3位は「趣味」(35.6%)、4位は「食べ物・お酒」(30.9%)となり、相手を選ばない一般的なテーマが挙がっている。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。