人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.14

弁護士5年目の本音「正義の味方に憧れました。でも一方的な正義はないと知りました」高瀬法律事務所・菊地翔太さん

弁護士の醍醐味、法廷での完全勝利

民事事件は、書面でやりとりする地味な仕事がほとんどです。でも法廷で「異議あり!」とか、やりとりをするのが弁護士の醍醐味で。うちの法律事務所で引き受ける案件は、裁判所の法廷に持ち込む民事事件がけっこう多い。

僕が担当したとある土地の権利をめぐる紛争では、一方は売ることに同意をした、他方は売ることに同意していないという、どちらかがウソをついている事件でした。僕の依頼人は不同意を主張する側でした。「土地を売却すると同意した文面が残っているんだ」と、相手方が主張している。依頼人は「書いた覚えはない」という主張ですが、書類が出てきたのは不利だなと僕は思っていた。

何か糸口はないか、その書類をよく見ると「あれ……」、書類に押印されたハンコの向きが、印鑑登録証の印の向きと逆じゃないですか。他の書類はすべて実印を押す時、印鑑登録の向きと同じで、依頼人本人が押したのであれば、大切な書類に逆に押すことはおかしい。僕はこの不可解な点について、法廷で相手の証人喚問の時に勝負をかけたんです。

「あなたの前でハンコを押したのは、私の代理人本人ですか」
「その通りです」
「ふつうはハンコの向きを確かめて押しますよね」
「もちろん」と、そこまで言わせておいてーー、
「この書類の印を見てください。印鑑証明書の印と逆じゃないですか」

土地売買の承諾書を突きつけた。相手はギョッとして。「こ、この印鑑証明は間違いだ!」とか支離滅裂なことを言いはじめた。大切なのは客観的な証拠と整合性です。こちらが突きつけた事実が必殺の一撃になり、完全勝訴でした。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。