人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.03.14

弁護士5年目の本音「正義の味方に憧れました。でも一方的な正義はないと知りました」高瀬法律事務所・菊地翔太さん

■あなたの知らない若手社員のホンネ~高瀬法律事務所所属/菊地翔太さん(31才、弁護士5年目)~

前編はこちら

部下の気持ちがイマイチ、わからないという中間管理職だけでなく、若手社員にも参考になればというこの企画。今回はあまり参考にはならないが大いに興味のある職業なのだ。これまでバラエティーに富んだ職種に従事する若手社員を紹介してきた「若手社員の本音」。今回は弁護士に話の登場だ。

シリーズ49回、弁護士 菊地将太さん(31・高瀬法律事務所所属)弁護士資格取得5年目である。テレビドラマの「ヒーロー」に憧れ法曹界に進んだ菊地さん。国選弁護人として携わった刑事事件のエピソードを通して、“正義の味方”とは言えない現実に悩んだこと等を紹介した。さて、後編は民事事件のエピソードである。法律事務所は民事事件の相談がほとんど。菊地弁護士の仕事も9割は民事の案件である。

絶対的正義はない、泥臭い民事事件での奮闘ぶりとは――

一方的な正義なんてない。弁護士にとって正義とは

法律事務所のボスが受けた依頼の案件について、実働部隊として動ことが法律事務所に勤める僕らの主な仕事で。現場での判断は僕ら弁護士の責任です。

民事を手掛けて間がない頃、先輩の弁護士と、アパートの明け渡しの案件を担当しました。都内の木造アパートを売りたいが、一部屋だけ住人が出て行ってくれない。「立ち退き料として40万円ぐらいなら払う。交渉してほしい」と。ところがアパートに居座る相手方の50代の男性もしたたかで。「立ち退く気はないよ」の一点張り。

「明け渡しを急いでほしい」依頼人から催促されていて。「あんたがそんなに言うなら、60万円で立ち退くよ」相手方の居座る男性が、明け渡しにうなずいてくれた。やれやれと思い、依頼人にそれを伝えたんです。すると、

「オレは40万円しか出せないと言っただろう。高い着手金を払っているのに、時間がかかった上に60万円だと。ふざけた話をノコノコ持ってこられても……」そんな感じで、依頼人に渋い顔をされました。

先輩の弁護士には「先生、相手が提示した額をただ持っていっちゃダメだよ。いろいろ代案を立てて報告しないと、依頼人には納得してもらえない」そんなアドバイスをもらいました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。