人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.22

入社3年目社員の本音「100万人に読まれることを肝に命じて、様々な角度から伝えていかなければいけない」カタログハウス・市川健さん

あなたの知らない若手社員のホンネ~カタログハウス/市川健さん(27才、入社3年目)~

前編はこちら

 中間管理職も知っておきたい若手社員のモチベーション。20代の読者も同世代の働きぶりには興味のあるに違いない。バラエティーに富んだ職種を紹介してきたこの企画、今回は「通販生活」を発行するカタログハウスだ。

 シリーズ34回、株式会社カタログハウス 通販生活編集部 ライター 市川健さん(27)入社3年目である。

 通販生活はカタログハウス創業者、斎藤駿氏(82)によって、1982年に創刊された通信販売のカタログ誌。身近に売られていない、優れた商品を推薦することが基本方針。環境問題に配慮し、大量生産、大量消費と相反する環境への負荷が少ない商品を取り扱っている。また、反原発、子どもの貧困問題等、同誌は政治的、社会的問題にも発言をしている。

 通販生活編集部のスタッフとして入社した市川さん、商品の機能等を説明する“知”と、使った時の快さを記述する“情”。記事を制作する上で、創業者が口にするこの二つの意味を常に頭に置き、編集者としての経験を積んでいくが、取材対象者への取材依頼、アポ取りも彼なりの方法を模索していく。

直筆手紙大作戦

 通販生活は商品を購入された方に、使用感に関するインタビューを毎号掲載しています。読者アンケートのハガキの中から、取材依頼の電話をしますが7〜8割は断られる。腰痛の方に格好のチェアを紹介する時も、岡山市在住の70代の女性に断られました。でも、この椅子を使うと腰痛を気にせず、何時間もテレビが見られる、立つ時も楽だというお話を是非とも、読者に伝えたい。

 取材の承諾を得るには、まず僕を信用してもらわなければ、そのためにはーー。

思いついたのが手紙でした。それも直筆の手紙を送ろうと。そこで取材をお願いした理由や質問事項、撮影の際の服装等も細かく書いて。前号のページの見本と名刺を同封して郵送したんです。

 投函して数日後に再び電話を差し上げたんです。すると、「わかりました」と、取材を快諾していただけて。郵送した手紙が取材対象の方の信頼を得ることに繋がったのです。

 取材の当日は歓迎していただきました。取材が終わり、岡山駅まで娘さんが車で送ってくれたんですが、「お母さんはあまり人に心を開く人ではないんですが、今回は私もびっくりしています」と。僕らの世代はメールや電話で済ますことがほとんどですが、通販生活のメインの読者である60〜70代の方は、直筆の手紙に重きを置くことを今更ながら実感しました。

 直筆の手紙には誠意を伝える効果があるとわかってから、アポ取りにかける時間を大幅に短縮できるようになりました。今や編集部内でも“直筆の手紙作戦”を実行する人が増えています。アポ取りの新しい方法を提案できたかなと。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ