小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「内なる声を信じ、自らの思いに純粋に従う」大谷翔平の素顔

2018.07.24

僕はチャレンジしてみたい。『やってみたい』と思うタイプ

 23歳という若さでメジャーに挑戦すること、まだ見ぬ世界へ飛び込み、新たな環境で勝負することへの不安がなかったとは言い切れない。ただ、大谷には「チャレンジしてみたい」思いが強くあった。同じく、渡米前の言葉だ。

「これまで自分の中で作ってきたもの、形作ってきたものがあって、ある程度はそれを受け入れてもらえる器というか、チームがあって、おそらくそれを続けていけば、これからもそんなに大崩れすることはないと思っています。ただ、実際にメジャーでプレーをしていない。大崩れするような可能性を持って(メジャーへ)行くわけなので、それは不安ですよね。全く違う環境に行くということは、どの分野でも不安なことが多いと思う。でも、さらに自分自身が良くなる可能性がそこにあったら、僕はチャレンジしてみたい。『やってみたい』と思うタイプの人間なので」

 大谷は、野球の「てっぺん」を目指す中で日々の取り組みを大事にしている。試して実践。試合で課題が出れば、その足りなかった部分をしっかりと受け止め、目の前にある課題を埋めるために再び試す作業を繰り返す。技術の部分では「常に変化していきたい」と、大谷は言うのだ。

日本ハムからのまさかのドラフト1位指名。困惑の表情を見せる。

名護キャンプで末っ子らしくチームメートからからかわれる。

2016年、パ・リーグ優勝時にマウンドには大谷が。

 

取材・文
ささき・とおる/1974年岩手県生まれ。スポーツライター。主に野球をフィールドに活動する中で、大谷翔平の取材を花巻東高校時代の15歳から続ける。近著『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』(扶桑社)がヒットとなっている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。