人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「内なる声を信じ、自らの思いに純粋に従う」大谷翔平の素顔

2018.07.24

勝利のために最後まで全力プレーを怠らない

 野球教室に来た小学生が、すごく張り切っていいところを見せようという気持ちだった――。

 それは、敵地シアトル・マリナーズ戦(日本時間5月5日)で、今シーズン6度目のマルチヒットを記録した直後の言葉だ。現在は球団の会長付き特別補佐という立場だが、これまでメジャーでも幾多の記録を打ち立ててきたイチローが見守る中、その存在を身近に感じて自然と高揚感が湧き上がった。純粋な「野球少年」のような姿が、そこにはあった。

 トロント(カナダ)でのブルージェイズ戦(日本時間5月25日)では、「5番・指名打者」で3試合連続先発出場を果たし、3打数2安打2四球で1試合4出塁を記録。大谷の野球人としての本質を見たのが、その最終打席だ。9回表2死からのピッチャー返し。内野手全体が右寄りに守り、二遊間が狭まった「大谷シフト」のわずかな隙を抜け、打球はセンター前へ運ばれた。

 普通ならば単打になるところだが、中堅手が打球処理をもたつく間に、さらに二塁ベースが空いている状況を見て、大谷は一塁ベースを回って一気に走力を加速させた。記録は、センター前への二塁打だ。瞬時の判断力と驚異の走力に改めて能力の高さを見たが、同時に、チームの勝利のために積極的に次の塁を狙う、最後まで全力プレーを怠らない、「大谷らしさ」をまたしても見たような気がした。

昨年12月、エンゼルスの入団会見で笑顔を見せた。

大谷翔平1c打者としても2番、4番など中軸で出場。

オーロラビジョンに映される大谷。エンゼルスで最も人気の選手に。

投手として禁断のヘッドスライディングはアメリカでも。

メジャーではスプリットを効果的に使い三振の山を築く。

英語は勉強中だが、チームメートとも自然に溶け込む。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。