人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.12.31

プジョーの新型『3008』が示したSUVの新たな可能性

 車名に数字を使うプジョー。『208』や『308』、と1ケタ目の数字が大きくなるにつれボディーサイズが大きくなり、真ん中には0(ゼロ)を置いて“マル”と読むのが一般的だ。ちなみに末尾の数字はこれまで300シリーズの何代目なのかを表していたが、最新モデルである『308』からは、改めて『308』を“車名”にすると発表。

 この先の世代も見据えてこのモデル以降はCセグメントのモデル名を『308』にすると発表した。末尾が“8”である『308』と決めたことをプロダクト関係のダイレクターは、「多くの国で“8”は縁起のよい数字とされているから」と海外ローンチで説明。すると『208』や『408』なども固定されるのではないかと想像できる。

 そんな中、真ん中が“00(マルマル)”となる4ケタのモデルはプジョーのSUVモデルを示す。FFが主流のブランドであるプジョーは、これまで『3008』のような4ケタのモデルのことは自称“クロスオーバー”と呼称していたが、昨年マイナーチェンジを行なった『2008』からSUVらしさを強め、新型『3008』含めプジョーは今年、世界的にSUVにフォーカスを当てたモデル攻勢をかける。

 

 SUVらしさとは車高や全高を高めたスタイルの採用や『2008』から搭載を開始したトラクションコントロール新技術の“アドバンスド・グリップ・コントロール”など、というトラクションコントロール。雪や砂、泥などの悪路走行に加え、不整地坂道様々な4WDに頼らずに最適なトラクションコントロールを実現させる“グリップコントロール”を採用するなど、SUVとしての実力を強化し、末っ子モデルながら最新の技術を最初に採用し地固めを整えた。そして今年は『3008』に続いて『5008』も上陸する予定だ。

 近年様々なブランドがSUVを発表しており、それはポルシェをはじめこれまではちょっと想像もしていなかったベントレーやマセラティなどまでがSUVを発表するほどマーケットは盛り上がり、私たちの選択肢もますます広がっている状況だ。つまりプジョーがこのタイミングでSUVに力を入れるのも自然な流れ。

 正直、少し遅いくらいだとも思うのだが、実力のあるモデルが投入されるとなれば、早いも遅いもない。実際に『2008』もコンパクトSUVとしての魅力の詰め込まれたフレンチジュアルテイストが漂う魅力的なモデル。『3008』はテイストや車格感も一つ上となるSUVモデルとしてラインナップされる。

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。