小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

クレーム対応のスペシャリストに聞く「悪質なクレーマーの特徴と対処法」

2017.08.12

悪質クレーマーにならないためには

 悪質クレーマーの対処法を知っておくのはもちろん重要だが、今の時代、自分も悪質クレーマーになる可能性がある。悪質クレーマーにならない、適切なクレームのつけ方はあるだろうか。

 援川氏は、「自分の名前を名乗って、相手にも名前を聞く」作業をするようにとアドバイスする。多くの悪質クレーマーは自分の名前を名乗らないそうだ。メールやSNSで大胆なクレームをつけられるのは、個人が断定されないからという無責任な安心感があるからだろう。名前を名乗ることで、自分の意見に責任を持ち、正当なクレームであることを示すことができる。

 また、本当に言いたいことはアンケート用紙など文書で伝えるのがお勧めだという。文章にする段階で問題が整理されるので、冷静に伝えることができる。なお、筆者は過去に某デパートに2年ほど勤務していたが、アンケート用紙に書かれたお客様の声は非常に重視され、社員間で共有されていた。また、個人的に、スーパーに取り扱ってもらいたい製品をアンケート用紙に書いて投書したところ、取り扱いを始めてもらった経験もある。お客の要望は、とても真面目に、真摯に耳を傾けられているのだ。

 不安な現代、悪質クレーマーの被害に遭うことや、自分自身が悪質クレーマーになることもあるかもしれない。そういった時代であることをしっかり認識し、できるだけ心のゆとりを持ってモンスターに変身しないように生活していきたいものだ。

構成/いのうえゆきひろ

文/房野麻子(ふさの・あさこ)
出版社にて携帯電話雑誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスライターとして独立。携帯業界で数少ない女性ライターとして、女性目線のモバイル端末紹介を中心に、雑誌やWeb媒体で執筆活動を行う。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。