小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

クレーム対応のスペシャリストに聞く「悪質なクレーマーの特徴と対処法」

2017.08.12

2. 面倒な人ほど落ち着いた「ギブアップ・トーク」

「責任者を出せ!」「今すぐお詫びに来い」「誠意を見せろ!」という悪質クレーマーの常套句には、落ち着いて、立ち向かわずに、土俵に上がらずに上手にかわして、相手に無理だと分からせる。これを「ギブアップ・トーク」という。

「今すぐ来いといわれても無理です」
「今すぐ答えを出せといわれても無理です」
「異物混入は企業にとっては重大で、大切なこと。しかも難しいことです。過失の度合いなどいろんな要点があり、今すぐ誠意を見せるとか責任を取ることは難しいのでできません」
「大切なことだから、この場で/電話で答えることはできません」
「しっかりと検査し、協議した上で返事をさせてもらいます」

 こういって無理だと分からせ、責任をもって答えるためにクレーマーの名前と連絡先を聞く。責任者を出せ、上司を出せと言われても、「私が責任者で、私が責任をもって答える」という。社長を出せといわれても、「それを断って何も問題ない」と援川氏はいう。

3. 電話での怒鳴り声や金切り声には自分で音量調整を

 怒鳴り声、金切り声は電話でも恐ろしく感じるものだ。その場合は「音量調整をする」。つまり、受話器を耳から離す。受話器を置いても構わないと援川氏はいう。

「クレーマーに言葉尻を捕まえられるよりは、沈黙の方が金。相手の話を聞く方にまわり、答えるのは2割くらいでいい。『聞いているのか!』といわれたら、受話器を取り上げて『聞いております』と出る。『何で答えないのか!』と聞かれたら、『難しいことなので、今すぐには対応できません』と答えればいい(援川氏)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。