小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高級なイヤホンほど音質が良いのはなぜ?編集部が選んだ高音質イヤホンおすすめ7選

2020.11.07

ハイエンドモデルとも呼ばれる高価格なイヤホンは、音質や機能にこだわりをもって作られている。自分にとってのいいイヤホンを選ぶためには、価格や音質などあらゆる基準の中から何を重視するかが大切だが、ハイエンドモデルというのも1つの指標になるだろう。ただし、価格が安いからといって品質が悪いとは決していえない。今回は、高級イヤホンの特徴やおすすめ製品を紹介。ハイエンドモデルだけでなく、お手頃価格ながらハイエンドモデルさながらの品質を誇る商品もピックアップした。

「名作」とされるイヤホンにはどんな共通点がある?

「名作」「良いイヤホン」とされる製品は、材質やドライバーユニットなどの部品数や種類、音の解像度の高さなどにこだわりを持って作らる傾向がある。中には、音に影響する部品のコストは惜しまず、臨場感のある音質を再現できるよう工夫を凝らしている製品も多い。

イヤホンの価格帯は幅広く、1000円程度で買えるものもあれば、10万円以上するものも。低価格のイヤホンが低品質とはいえないが、上記の理由から良いイヤホンは高価格となりがちだ。

【参考】銅から削り出した112万円の超高級イヤホン、oBravo「RA SOL eamt-0cu-c」の実力

有線イヤホンに比べてワイヤレスイヤホンは高級?

ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンより高価格なものが多いが、その価格帯は幅広く、ワイヤレスイヤホンだから必ずしも高級とは限らない。そして、価格が高いからといって有線イヤホンより音質が優れているともいえない。

ワイヤレスと有線イヤホンの価格差は、構造の違いも理由として大きい。ワイヤレスイヤホンは無線でデータを受信するための機構やバッテリーを搭載するため、有線イヤホンより製造コストがかかりがちだ。有線イヤホンはこれらが必要ないため部品点数が少なくなり、音質に直結する部品にコストをかけやすい。

ワイヤレスイヤホンでも、価格が高いものはドライバーや素材にこだわりがあるのは同じで、高価格な製品は音質や機能性が高いものが多いといえる。

【参考】カナル型とインナーイヤー型の違いは?ワイヤレスと有線どっちがいい?失敗する前におさえておきたいイヤホンの賢い選び方

価格以外にもイヤホンを選ぶ基準は様々! 人気ランキングを参考にするのも手

イヤホンを選ぶ基準は、人によって様々だ。音質や音の解像度のほか、有線かワイヤレスかも重要なポイント。販売サイトの人気ランキングやレビューを見て、実際に使った人の意見を参考にするのもいい。イヤホンを使用する目的や、求めている機能について十分検討した上で選んでいこう。

【参考】Amazonで人気の売れ筋イヤホンと買ってから後悔しない選び方のポイント

いつでもどこでもイイ音が楽しめるハイレゾ対応イヤホンの選び方

テレワーク時にはマイク付きのワイヤレスイヤホンが便利!

テレワークが推奨される昨今では、自宅でWEB会議の際などにイヤホンを使うようになった人も多いだろう。PCにマイクが付いていることもあるが、クリアに音声を拾えるマイク付きのイヤホンにすると通話がよりスムーズになる。ワイヤレスなら手元で作業しながらでもコードが邪魔にならず、イヤホンを付けたまま室内を移動できて便利だ。

【参考】音楽も会話も楽しめる!テレワークでも使えるマイク付きイヤホンの選び方

ハイエンドモデルからコスパの高い製品まで! おすすめイヤホン7選

イヤホンを購入する際には、自分の使用目的を確認した上で、何を基準とするかを決めて選ぼう。ここからは、おすすめのイヤホンを紹介していく。ハイエンドモデルはもちろん、お手頃価格ながら品質の高いハイコスパ製品もピックアップしている。

【イヤホンおすすめ1】ハイレゾ音源対応! JVCの有線イヤホン

JVC「HA-FD01」は、フルステンレスボディで高音質を実現したハイレゾ音源対応イヤホン。新しく開発したこだわりの「D3ドライバーユニット」を採用しており、雑味のない繊細な音を表現できる。着脱式の溝入りグルーヴケーブルは、絡みにくく、強度の点でも安心だ。

【参考】JVC公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【イヤホンおすすめ 2】ずれにくい耳掛けタイプ! Beats by Dr.Dreの完全ワイヤレスイヤホン

Beats by Dr.Dre「Powerbeats Pro」は、パワフルなサウンドを実現する完全ワイヤレスイヤホン。ノイズアイソレーションを搭載し、遮音性が高い。耳の形に合わせて調節できるイヤーフック付きで、ずれを気にせず使えるのも魅力。連続再生時間は最長9時間。耐汗・防沫機能付きで、長時間のトレーニング時などでも充電切れを気にせず使用できる。

【参考】イヤホンのプロが音、使用感、装着感を検証!完全ワイヤレスイヤホンの機能別おすすめ10選

ビーツ公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【イヤホンおすすめ3】“良い音”を徹底的に追求したソニー最高峰のイヤホン

ソニー「IER-Z1R」は、ソニーストアでは19万9880 円(税別)で販売されているハイエンドモデル。音を生み出す心臓部にあたるドライバーを3つ搭載し、高い剛性が要求される部品にマグネシウム合金を使用するなど、音を追求するため構造にも素材にも徹底的にこだわっている。

組み立て作業は熟練の作業者による手作業でおこなわれており、品質管理も徹底。ソニー最高峰のイヤホンだ。

【参考】ソニー公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

 

【イヤホンおすすめ4】ソニー製Androidスマホと相性抜群! ノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホン

ソニー製のAndroidスマホ「Xperia」を使っているのなら、イヤホンもソニーで揃えてみてはいかがだろうか。ワイヤレスステレオヘッドセット「WF-1000XM3」は、ハイレゾ級の高音質を実現するDSEE HXを搭載しているので、音質にこだわる人におすすめ。

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能搭載で、飛行機のエンジン音から人の声まで幅広い帯域のノイズが低減できる。タッチセンサー機能付きで、スマホのアプリで機能やイコライザーなどのカスタマイズも可能。

【参考】ソニー公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【イヤホンおすすめ5】iPhoneユーザーに! Apple純正のカナル型イヤホン

Apple「AirPods Pro」は、専用のドライバーがパワー溢れる音質を表現。3つのサイズが用意されたシリコン製イヤーチップは装着感も良く、耳からずれにくい。また、アクティブノイズキャンセリングが採用しており、外部の音を遮断しながら音楽に集中できる。周囲の環境音も聞こえるようにしておきたい場合は、外部音取り込みモードに切り替えられる。

【参考】Apple公式サイト製品詳細ページ

【イヤホンおすすめ6】コスパ抜群! 1万円台で購入できるZERO AUDIO高音質イヤホン

ZERO AUDIO「ZIRCO DUOZA III」は、イヤホンの外側を覆うハウジングにジルコニアと削り出しアルミニウムを採用しており、臨場感あふれる音質を堪能できる。デュアル・ダイナミック・スピーカーにより、重低音から高音まで深みのある音を再現。価格は公式ストアで1万2080円(税込み)と、コストパフォーマンスの高い商品だ。

【参考】ZERO AUDIO公式サイト製品詳細ページ

【イヤホンおすすめ7】Amazonで人気! Bluetooth5.0が採用されたJPRiDEのワイヤレスイヤホン

JPRiDEは、お手頃な価格でハイエンドモデルに劣らない音質を実現するイヤホンメーカー。1万円以下にも関わらず高品質で、オーディオ好きからの評価も高い。

JPRiDE「TWS-X」は、Bluetooth5.0を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。ワイヤレスながら音声が途切れにくく、クリアな音質を実現。専属の音響エンジニアによってチューニングされており、バランスの良いサウンドを楽しめる。

【参考】JPRiDE公式サイト

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

一般的に「高級イヤホン」とされるハイエンドモデルは、音質や機能性、見た目など、ほかのイヤホンとは大きな違いがある。価格が高いのにはそれだけの理由があるのだ。しかし、高級イヤホンでなくても、音質にこだわったコスパの高い商品は存在する。イヤホン選びには様々な基準があるので、後悔のないイヤホン選びをしてほしい。

※データは2020年8月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。
※Bluetoothは米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。