人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Amazonで人気の売れ筋イヤホンと買ってから後悔しない選び方のポイント

2020.06.27

いつでもどこでも気軽に音楽を楽しみたいなら、欠かせないのがイヤホンだ。一口にイヤホンと言っても、形状や接続方法、ドライバーユニット、機能などを考慮すると、選択肢は幅広い。本記事では、イヤホンの選び方を説明するとともに、Amazonで人気のイヤホンを紹介する。

後悔しないイヤホンの選び方

イヤホンに関して何も知識がなければ、いざ購入しようとしてもどう選べば良いのか迷ってしまう。そこで、まずはイヤホンの基礎知識を身につけよう。

イヤホンを選び方には、いくつかのポイントがある。

■価格
■形状(つけ方)
■コードの有無
■機能

イヤホンの形状(つけ方)は、耳穴に深く差し込む「カナル型」、耳穴に浅く引っかける「インナーイヤー型」、耳上にかける「イヤーフック型」の3種類が主流。形状によって遮音性やつけ心地が異なるため、自分に合ったものを選ぶようにしたい。

スポーツ時に使うなら防水機能付き、通話もするならマイク付きなど、機能も考慮しよう。

【参考】カナル型、インナーイヤー型、耳かけ型、使いやすいのはどれ?イヤホン選びのポイント解説

耳が喜ぶ! 高音質イヤホンの選び方

高音質のイヤホンを選びたいなら、ドライバーユニットの知識も身に着けておこう。ドライバーユニットとは、イヤホンの音を鳴らす仕組みのことだ。「ダイナミック型」、「バランスド・アーマチュア型(BA型)」、「ハイブリッド型」の3種類がある。

最も普及しているのがダイナミック型。幅広い周波数の音に対応できるのが特徴で、低音域が得意なタイプだ。バランスド・アーマチュア型(BA型)は中音域~高音域を得意とする。この2つの型のメリットを合わせたのがハイブリッド型だ。

音質の良さ求めるなら、ハイレゾ音源(CDよりも圧倒的に高音質な音源)に対応したものやノイズキャンセリング機能にも注目したい。

得意なのはどんな音? イヤホンメーカーの選び方

メーカーでイヤホンを選ぶ場合、各メーカーの音の傾向や得意なポイントをチェックしてほしい。家電量販店などで各メーカーの製品を試して、自分好みの音を持つメーカーを選ぶといい。

コスパ良し! 低価格で高品質なイヤホンの選び方

低価格のイヤホンで音質の良さを求めるなら、できるだけ機能がシンプルなものがおすすめだ。多機能のイヤホンだと、音質にかけるはずのコストが他の機能に充てられてしまうからだ。

Bluetooth対応イヤホンであれば、Ankerなどの新興メーカーが低価格で高品質の商品を販売している。大手メーカーにこだわるなら、左右一体型ワイヤレスイヤホンを選ぶと比較的費用が抑えられる。

【参考】2000円以下の安くて高音質なコスパ最強イヤホン3選

ワイヤレスでスッキリ! Bluetoothイヤホンの選び方

Bluetooth対応のワイヤレスイヤホンは、次の5つの形状に分けられる。

■左右一体型:左右のイヤホンが繋がっている。
■ネックバンド型:首にかけて使用する。
■左右独立型:「完全ワイヤレス」ともいう。
■ボックス型:Bluetooth受信機とイヤホンの組み合わせ。
■片耳型:片耳のみで使用する。

電車や飛行機での移動中に使用するなら、ノイズキャンセリング機能が付いていると快適だ。防水・防滴機能があれば、雨天時やスポーツ時でも安心できる。

売れているのはどんなイヤホン? Amazon売れ筋ランキング上位の商品

さまざまなメーカーの商品を比較できるAmazonでは、どのようなイヤホンが人気を集めているのだろうか。ここでは、売れ筋ランキング上位のイヤホンを紹介する。

Amazonランキング上位の有線イヤホン「final E500」

finalの「E500」は、通常のイヤホンでバイノーラル音源(音の聴こえ方をそのまま音源として収録する方法)を聴いた時の違和感を解消すべく作られた、有線タイプのイヤホン。VRコンテンツなど、方向感が重要なゲームの音を再現するために開発されている。リアルで臨場感のある音は、2020円(税込み)と低価格ながらも完成度が高いと評判だ。

【参考】Amazon製品詳細ページ

final公式サイト製品詳細ページ

ハイレゾ対応イヤホンでAmazonランキング上位の「ARKARTECH T6」

ARKARTECHの有線イヤホン「T6」は、2980円(税込み)と低価格ながらもハイレゾ対応で、ナチュラルな音を再現。左右それぞれに低音域用・高音域用2つのドライバー、計4つのドライバーを搭載することで、低・中・高の三音域のバランスが良くなっている。ノイズキャンセリング機能付きで鮮明な音を楽しめる。傾斜型デザインは耳から外れにくく、移動中でも安心して使える。

【参考】Amazon製品詳細ページ

イヤホンで人気があるのはここ! Amazon売れ筋ランキング上位のメーカー

イヤホンを購入する際に、好きなメーカー/ブランドから選ぶという方法もある。Amazonのイヤホンランキングで上位にあるのは大手とは限らない。

Amazonイヤホンランキング上位ブランド「Soundcore by Anker」はコスパの良さが魅力

「Anker」はGoogle社のエンジニアだったスティーブン・ヤン氏が創業した、モバイルバッテリーで有名な会社だ。同社のオーディオブランド「Soundcore(サウンドコア)」から発売されているBluetooth対応イヤホンはコスパの良さで人気がある。

Amazonランキング上位のワイヤレスイヤホン:Soundcore by Anker「【第2世代】Soundcore Liberty Neo」

Soundcore by Ankerの「【第2世代】Soundcore Liberty Neo」は、完全ワイヤレスイヤホン。本機は第2世代で、第1世代よりバッテリーの持ちが約1.7倍伸び、最大20時間の長時間再生が可能になった。

低音強化、防水性能アップ、接続の安定性強化など第1世代から大幅グレードアップした一方で、価格は1000円値下げの4999円(税込み)。マイクが内蔵されているので、ハンズフリー通話もできる。

【参考】Amazon製品詳細ページ

Anker公式サイト製品詳細ページ

Amazonイヤホンランキング上位メーカー「TaoTronics」はワイヤレスイヤホンが人気

「TaoTronics」は、アメリカで創業し、現在は中国に本社を構えるSUNVALLEY GROUPのオーディオ・家電ブランド。Bluetoothオーディオ製品に力を入れており、特にコスパの良いBluetoothイヤホンは人気がある。

Amazonランキング上位! TaoTronicsの人気ワイヤレスイヤホン

Bluetooth5.0対応のワイヤレスイヤホン。音飛びを抑えた安定した接続を実現。ノイズキャンセリング技術を搭載したクリアで力強い音質や、18時間連続再生が可能な長持ちバッテリーなど、音質・機能性も優れている。IPX7防水のため、悪天候時での使用やスポーツでも活用できる。

【参考】Amazon製品詳細ページ

TaoTronics公式サイト製品詳細ページ

イヤホンは高価なら良いというわけではなく、自分には必要のない機能が付いていることもある。事実、Amazonで人気のイヤホンは、低価格ながら品質の良いものが多い。今回紹介したイヤホンの特徴を踏まえて、求める音質・機能をチョイスしてベストなイヤホンを手に入れよう。

※データは2020年5月中旬時点での編集部調べ。価格は実売価格。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。