人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

社外研修にふさわしい服装とは?男女別に考える浮かない、失礼にならない洋服の選び方

2020.05.13

社外研修に参加するときは、ビジネスカジュアルが基本です。私服でもラフになりすぎないようコーディネートのポイントや注意点を押さえておきましょう。研修の参加にふさわしい服の選び方やコツについて分かりやすく解説します。

社外研修に適した服装とは   

社外研修の場合、通常のビジネスシーンとは異なるため服装に迷ってしまうでしょう。ビシッとスーツを着ていくと固い印象になりますし、Tシャツにスニーカーのような私服で行くとラフすぎる印象になってしまうでしょう。

では、社外研修にはどのような服装をしていくべきなのでしょうか?

服装自由ならスーツかビジネスカジュアル   

研修によっては『スーツ着用』もしくは『服装自由』と明記されている場合があります。スーツ着用の場合は考える余地がないため楽ですが、困るのは服装が自由の場合ではないでしょうか。

自由だからといって、パーカーやジーパンなどあまりにもカジュアルな格好で行くことはおすすめしません。フォーマルな場にふさわしいビジネスカジュアルを意識することが大切です。

その場に馴染む格好で行くと、会場で浮く心配がなく研修に集中できるでしょう。もし複数人で参加する場合は、事前に服装について話し合っておくと安心です。

清潔感のある無難な服装がおすすめ

実はビジネスカジュアルといっても、その定義は曖昧です。そのため、社会人でも具体的にどのような格好をしたらよいのか分からない人も多いようです。

ビジネスカジュアルのポイントは『清潔感』です。ホワイト、ネイビー、グレーなどの落ち着いた色を選び、インナーに襟付きのものを着るだけで清潔感のある印象に仕上がります。

ただし、いくらビジネスカジュアルな服装をしていても、シャツがヨレていたり髪がボサボサでは清潔感は薄れてしまいます。研修だからといって気を抜かず、社会人としての身だしなみにも十分気を付けるようにしましょう。

男性向け研修用服装のポイント   

ここでは、男性が研修に参加するときの服装のポイントを紹介します。研修会場は新たな人脈を広げる場でもあるため、スマートな印象を与えられる服装を心がけましょう。

ジャケット持参がおすすめ   

夏など暑い季節はトップス1枚で済ませたくなりますが、可能ならジャケットは持参することをおすすめします。羽織らなくてもジャケットを持っているだけで、きちんと感が生まれるからです。

ジャケットを持っていれば、少しラフなインナーを着ていてもビジネスカジュアルな雰囲気は保てるでしょう。研修会場でたまたま上司を見かけたとき、予想外に会場内が寒かったときなどにも重宝します。

そのため、着回しできるシンプルなジャケットを2〜3枚持っておくと便利です。

ニットやセーターは柄を選ぶ   

ビジネスシーンでは、無地のニットやセーターを選ぶことが多いでしょう。しかし、ビジネスカジュアルの場合は、少し柄ものを選んでもOKです。

例えば好きなブランドのロゴが入ったニット、さりげなくチェック柄の入ったセーターを選んではいかがでしょうか。遊び心を取り入れると、ビジネスカジュアルがもっと楽しくなります。

ただし、ピンクやイエローなど派手すぎる色や大きなロゴ入りなどは避けるようにしましょう。

夏場でも半袖は避ける

夏場でも、基本的には半袖やハーフパンツは避けます。一般的なオフィスカジュアルの範囲内で涼しい格好をするよう心がけましょう。

長袖でも通気性のよい素材を選び、腕まくりをすれば快適に過ごせます。「服装自由なら半袖でもよいのでは?」と思いがちですが、研修であっても社会人としてTPOを意識することが大切です。

女性向け研修用服装のポイント   

続いて、女性が研修に参加するときの服装のポイントを紹介します。女性の場合、男性と比べて選択肢が多い分どのような服装にすべきか迷ってしまうでしょう。ビジネスカジュアルならではのコツを押さえて、フォーマルな場にも馴染むおしゃれを身につけませんか?

リクルート感を減らすにはインナーを工夫   

シンプルなジャケットと襟付きシャツの組み合わせは、リクルート感が出てしまいがちです。その印象を少しでも減らすには、インナーを工夫する必要があります。

襟付きからノーカラーのインナーにするだけで、こなれ感が生まれます。色もホワイトより、グレーやベージュなどを選ぶと引き締まった印象になるでしょう。

キッチリ感が出るワンピースとジャケット   

女性らしいビジネスカジュアルに仕上げるなら、ワンピースにジャケットを羽織るスタイルがおすすめです。ワンピースはひざ下丈、ブラックやネイビーにするとキッチリ感が出ます。

ジャケットはあえてノーカラーを選び、ワンピースのキッチリ感とバランスをとるのがポイントです。足元は、ワンピースと合わせて落ち着いた色のパンプスにしてはいかがでしょうか。

バッグはロイヤルブルーやピンクベージュなど色のあるものを選ぶと、個性が生まれてビジネスカジュアルならではのおしゃれが楽しめるでしょう。

アクセサリーは控えめに

ビジネスカジュアルの場合、通常のビジネスシーンとは違って少し遊び心を入れたくなるものです。しかしあまり華美なアクセサリーは、フォーマルな場にふさわしくありません。

指輪ならキラキラしすぎない控えめなデザイン、ブレスレットなら華奢なタイプを選びましょう。ピアスは、小ぶりのパールや一粒タイプがおすすめです。

ゴールド系のアクセサリーはカジュアルな印象になりやすいため、大きさやデザインには十分注意が必要です。

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。