人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【リーダーはつらいよ】「心から納得したことで失敗するのと、なあなあで決めて失敗するのは天と地の違い」ピップ・松浦由典さん

2020.01.30

前編はこちら

孤独な中間管理職の悲喜こもごもを紹介するこのシリーズだが、今回は趣を異にする。登場する中間管理職は若干28才、入社4年目。出世が早い。それもそのはずで、紹介するのは社長の息子である。シリーズ17回目、ピップ株式会社 商品開発事業本部 ブランド戦略本部 スポーツライフブランドマネージャー 松浦由典さん。

ピップといえば、『ピップエレキバン』で知られた会社だが、マスク、サポーター、ガーゼ、絆創膏等、日用衛生用品やベビー用品の卸が約1900億円の売上げのうち90%以上を占める。今年で創業112年を迎える企業だ。

今回は社長の息子が中間管理職となり、ブランド確立を目指す奮闘記。松浦さんは自社製品のサポーターを会社の一つの柱となるスポーツライフブランドに育てたいという夢を抱く。ドラッグストアでシェアNo1のテーピングテープと、主に運動の時に使用するサポーターの製品をくくり、“ProFits(プロ・フィッツ)”というブランドで統合することを提案するのだが……。

「こんなんじゃブランドイメージが残りません」

テーピングテープのキネシオロジーテープのパッケージは真っ黄色、片や主に運動の時に使用するサポーターの『ProFits』のパッケージは黒と銀色。まったく違うものをどうブランド統合するのか。まずはパッケージを変えることからだ。マーケティングの部署の課長と話し合いは続く。

「スポーツ感覚を出すのなら、『ProFits』の黒と銀のパッケージに寄せていくのが正解ですね」

「でも、黄色のパッケージをいきなり真っ黒にしたら、お客さんが離れてしまう」

テーピングテープのキネシオロジーテープは売れ筋商品だ。パッケージをいきなりガラッと変えたら商品のイメージが伝わらず、客離れを起こすのではないか。

ドラッグストアによっては、以前のパッケージのものを大量に返品してくるかもしれない。返品は品質管理のため、モノによっては廃棄処分にしなければならない。そんな危惧をデザイン担当も考慮したのだろうか。パッケージをどこまで変えるか。テーピングテープの最初の試作品のパッケージは、上だけが黒くロゴも小さかった。

「こんなんじゃブランドイメージが残りません。パッケージの真ん中ぐらいまで、黒と銀でドーンといきましょう」

「でもね…」

周囲は戸惑ったが、将来的な会社の経営の舵取りというモチベーションを抱く社長の息子は、事前の調査・研究を怠らなかった。キネシオロジーテープの愛用者を集め、半分ほど黒と銀にしたパッケージの試作品を見せると、何の違和感もなく手に取った。それを確かめていた。

体育会系の作法は今後も大事に

ブランドのロゴも大切だ。まず、ブランドの定義をしっかりさせる。「『ProFits』はスポーツを楽しむすべての人から、ケガや疲労の不安を取り除き、健やかに生きる未来に寄り添うブランドです」と、ブランドの定義を明文化した。それをデザイン担当に伝えて、ロゴの作成を依頼する。

新しいロゴを配した新パッケージの『ProFits』ブランドの発売開始は昨年2月。前年比売上アップで、サポーター市場で大きなシェアを占めるバンテリンに追随すべく、手応えは感じている。

松浦由典が今の課長代理に当たるポストに就き、正式に部下を持ったのは昨年の秋だった。『ProFits』を中心に新商品の開発、消費者調査、広告の立案等が仕事だ。マラソンやランニングの実施者は重要なターゲットである。松浦より4才年上の直属の部下は早速、社内の関係部署と交渉し、市民ランナーが参加するマラソン大会の会場で、自社製品を直販できるシステムを作り上げた。

社長の息子は謙虚さを忘れてはいけない。部下でも年上なので基本は敬語、得意先に同行する時の運転は率先してやる。ドアを先に開けたり重い荷物を持ったり、常に明るさも忘れない。身についた体育会系の作法は今後も大切にするつもりである。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。