人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

北海道限定「日清どん兵衛」VS「マルちゃん赤いきつね」シリーズ!北の大地で繰り広げられる即席めん対決

2019.10.30

■連載/大山即席斎の“三ツ星”インスタント麺

またテレビの仕事で北海道に行ってきた。

行ったついでに北海道に行かないと入手できない商品を購入してきたので、今回はそのレポートをお送りしようと思う。

春に行ったときは地元のコンビニ、セイコーマートのPB商品を取り上げた。今回取り上げるのは日清どん兵衛とマルちゃん赤いきつねシリーズの北海道バージョンだ。

マルちゃんからトップシェア奪取を狙う、どん兵衛の限定商品

ご存知「日清どん兵衛」と「マルちゃん赤いきつね」シリーズには東西で違うバージョンが存在する。うどんやそばは地域によって好みの味が大きく違うという実情に合わせるために早い時期から味の地域分割が行われてきた。そして現在はどん兵衛にも赤いきつねシリーズにも北海道独自のバージョンが存在する。

北海道の場合は“地域の好みに合わせる”以外の理由も存在する。それは、北海道が“マルちゃん王国”であるということだ。全国におけるトップシェアメーカーは日清食品であるが、北海道においてはマルちゃんの東洋水産がトップなのだ。ということで北海道だけで売られているマルちゃん商品が多く存在する。テレビでよく紹介されている「やきそば弁当」や袋麺の「屋台十八番」などがそうだ。最近まで北海道向けだった「激めんワンタンメン」は人気から最近全国区に復活した。シェアの高さゆえ、北海道民だけに向けた商品を作り出すことが可能になるのだ。

しかし、全国でトップの日清としては北海道をでもシェアトップを奪取せんと虎視眈々と狙っており、その足掛かりとなるのが北海道専用商品なのだ。というわけで北海道には日清どん兵衛とマルちゃん赤いきつねシリーズの北海道バージョンがあるので、コンビニ店頭で買えるものを集めてみた。

では、北海道版商品を東日本など他地域向け商品と比較しながらいただいてみよう。

赤いきつねと緑のたぬきの北海道バージョンは以前に同連載にて取り上げているので今回は最後にサラッと紹介するにとどめる。

日清食品「どん兵衛きつねうどん(北のどん兵衛)」

先入れの粉末スープで作るつゆは魚粉系の旨みがメインで醤油の辛みも強い東版に対して、昆布だしの風味と旨みが前面に出た甘さ控えめのスッキリした味わい。幅広平打ちの麺は厚みがあり、ふんわりとした食感のモチモチ系。

おあげはお湯かけ前サイズが当方計測で約95ミリ×70ミリ×10ミリほどで、お湯かけ後は約105ミリ×75ミリ×11ミリほどになる。味は甘口だ。かやくはほかにかまぼことねぎ。あと東版にあった彩り七味はついていない。

日清食品「どん兵衛天ぷらそば(北のどん兵衛)」

つゆは先入れの粉末スープで作る、東版と同様に鰹だしメインだが、昆布粉末も加えて北海道バージョンになっている。色は濃いめで東日本風とあまり差はない。麺はあまりちぢれてない四角い断面の中太で、コシ感ありつつそばらしいソフトな噛みごたえになっている。

メイン具材は直径約85ミリで厚さは10ミリ以上あるあとのせのかき揚げ。小えびのザクザクとした噛みごたえた嬉しい。かやくはほかにねぎ入り。東版についている彩り七味はついてない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。