小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Googleの検索履歴を非表示にしたり履歴を削除する方法

2024.05.01

Googleの純正ブラウザであるChromeを使って、インターネット検索をしている人も多いのではないでしょうか。Chromeを使っていると、検索履歴の表示設定を変えたり削除したくなる場合もあります。検索履歴の表示の設定や削除の方法を見ていきましょう。

Googleの検索履歴が表示されない場合

Google製のブラウザ、Chromeで検索履歴が表示されなくなった場合、おもに2種類のパターンが考えられます。

一つは検索履歴を削除してしまった場合、もう一つはGoogleアカウントの共有設定が解除された場合です。

検索履歴の確認方法

Chromeの検索履歴は、端末に保存されるものとGoogleのクラウドに保存されるものがあります。表示されなくなっという時、よくあるのは、Googleアカウントからログアウトしてしまったケースです。

複数のGoogleアカウントを使い分けていると、Chromeを使ったときにアカウントが切り替わっていることに気づかない場合があります。

PCでの検索履歴の確認方法は2種類です。Chromeのメニューバーのオプションアイコンから、端末に保存された履歴が見れます。

もう一方の、クラウド上の検索履歴は『Googleマイアクティビティ』にアクセス後、検索バーをクリックしましょう。『検索』にチェックを入れて、検索アイコンをタップすれば履歴が確認できます。スマホでの操作も同様です。

検索履歴を表示する・表示しないの設定

ここまでは、Chromeの検索履歴を確認する方法を見てきました。次に、検索履歴を表示するかどうかの設定方法について見ていきましょう。

デバイス別に解説!他人に見られたくないGoogleの検索履歴を表示させない方法

3つのデバイス別設定方法

PCの場合

まずは、Googleの『アクティビティ管理』ページにアクセスしましょう。このとき、検索履歴の設定をしたいGoogleアカウントでログインしておくことが必要です。

『ウェブとアプリのアクティビティ』をオンにすると、検索履歴を表示する設定ができます。逆にオフにすると、表示しない設定です。

アクティビティ管理画面のチェックボックスにチェックを入れると、オン・オフに連動して表示する・しないの設定が切り替わります。

iPhoneの場合

iPhoneの場合も、基本的な操作はPCと同じです。iPhoneから『アクティビティ管理』ページにアクセスして、『ウェブとアプリのアクティビティ』のオン・オフを切り替えます。

複数のGoogleアカウントを使いわけている場合は、同期の設定をしたいアカウントでログインしましょう。Chromeの検索履歴を保存していないアカウントでログインすると、設定が無意味になってしまいます。

Androidの場合

AndroidGoogle純正のOSであるため、設定方法がやや異なります。Androidスマホかタブレットで、デバイスの設定アプリから『Google アカウント』を開きましょう。

『データとカスタマイズ』をタップすると、後はPCiPhoneと同じ手順です。アクティビティ管理から、ウェブとアプリのアクティビティのオン・オフを切り替えましょう。

検索履歴の削除とシークレットモード

検索履歴はいっそ削除してしまいたい、という場合もあるでしょう。Chromeには、検索履歴を端末やクラウドから削除する方法と、閲覧・検索履歴を残さずにブラウジングする方法があります。

デバイス別に解説!人に見られる前にGoogleの検索履歴を消去する方法

不本意にネットに出てしまった個人情報は削除できる?Googleの検索履歴を削除する方法

Googleの検索履歴がどうしても消えない時に手動で削除する方法

他人にいつ覗かれても大丈夫!Googleの検索履歴を簡単に消す方法

Googleでサーチすると必ず残る検索履歴を消去する方法

Chromeの履歴

Chromeに保存された検索履歴を削除するには、まずChromeを開きます。右上の小さな点が3点縦に並んだ『』アイコンをタップして、『履歴』をタップしましょう。『閲覧履歴データの削除』をタップすると、プルダウンメニューから削除する期間が選択できます。

『データの削除』をタップすると、同じアカウントで同期しているすべてのデバイスから履歴の削除が可能です。PCiPhoneAndroidで操作の手順は変わりません。ただし、Chromeから削除してもGoogleアカウントには履歴が残っています。

他人に見られたくない情報は残さない!Google Chromeで検索履歴や閲覧履歴を削除する方法

Google Chromeで見られたくない検索履歴を削除する方法

iPhoneユーザー必読!SafariやGoogle ChromeのGoogle検索履歴を消す方法

アカウントの履歴

Googleアカウントに保存されている検索履歴は、PCからは『Googleアカウント』にアクセスして削除できます。

上部のナビゲーションパネルから『データのカスタマイズ』をクリックして、『アクティビティとタイムライン』で『マイアクティビティ』をクリックしましょう。ページ上部の縦の『』アイコンから『アクティビティを削除する基準』を選び、削除します。

iPhoneではGmailアプリからアクセス、Androidでは設定アプリからアクセスして、同様の手順で削除が可能です。

シークレットモードとは

Chromeのシークレットモードでは、検索したり開いたりしたページの履歴は一切残りません。Googleアカウントにログインしていても同様です。

iPhoneでは、Chromeを開いてタブ数が表示される『』アイコンをタップしましょう。画面上部の帽子に眼鏡のアイコンをタップすると、シークレットモード専用の画面に切り替わります。

AndroidPCでは専用の画面はありません。Chromeの縦の『』アイコンから、新しいシークレットタブを個別に開きましょう。なお、iPhoneでも同様の手順で個別に開くこともできます。

▼あわせて読みたい

Googleマップの検索履歴を確認する方法と削除する方法

Googleの検索オプションでサクサク見つかる便利なコマンド6選

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。