人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【リーダーはつらいよ】「できることなら部下や同僚の成長につながる機会を与えたい」LIXIL・中山佳之さん

2019.10.03

前編はこちら

「若手社員の本音」シリーズは、中間管理職が部下の若手社員を知るための企画だが、これは中間管理職本人にリーダーの“つらさ”を聞くシリーズである。上司と部下に挟まれ、ここが踏ん張りどころの中間管理職。何に悩み、どんな術を講じているのだろうか。

 シリーズ第12回、株式会社LIXIL サッシ・ドア事業部サッシ商品開発部 パノラマ商品開発室室長 中山佳之さん(45)。LIXILは住宅建材・住宅設備機器業界の大手。中山さんは2011年4月の合弁前は、サッシを主力製品とするトステムの技術系の社員だった。サッシの一筋で室長となった彼の部下は12名。千葉県野田市の研究開発センター勤務の技術系の部下は9名。部下たちは機械や建築等を専攻した社員だ。

 彼が室長を務めるパノラマ商品開発室は、サッシ事業の未来の展望を切り開く商品開発という使命を担っている。で、昨年8月に発売された「LWスライディング」(以下・LW)。フレームインの構造でサッシの上下左右のフレームが、室内から見えない。窓からの景色を遮るものがなく、一枚のガラス戸のような新発想の窓である。

容易な妥協はせず、でも時にはゆだねてみる

 LWの開発は中山と同期のグループリーダーと、30代前半の技術者が主に担当した。試行錯誤の段階で、ハンドルも隠してしまおうとなった。「今回の開発ではどうしても重要部品を手がけたい」そうアピールしていた30代前半の技術者に、「ハンドルの開発はキミがやってみるか」と中山は名指し、開発を委ねた。

 アシストハンドルはサッシのそばの壁に組み込むものにした。ボタンを押して出てきたハンドルを手前に引くと、ガラスの扉が少し開く。開いた戸先に手をかけてガラス戸を開く。テコの原理を応用した装置だが、ガラス戸の重さはMAXで160㎏だ。これをテコの原理で動かすには、ハンドルが1m近いものになってしまう。

「そんな大きなハンドルは使えないよ」という声に、部下はポンチ絵を描き図面に落とし続けた。試作業者が試作品を持ち込むと、「もっと小さく、もっと軽く、ガラス戸を動かせるハンドルにしたい」と、彼は妥協せず意見を言った。

 結局、ベアリング等を使い、3枚のガラスが入った窓をスムーズに動かせる、アシスタントハンドルを完成させた。その長さは約50㎝だ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。