人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【リーダーはつらいよ】「中小企業で重要なのはなじむこと。仲間と一緒に力を合わせて仕事に取り組むことが重要」博水社・伴秀雄さん

2019.08.16

前編はこちら

 このシリーズは中間管理職本人の本音を紹介していく。社内でも孤立しがちな中間管理職だが、働く現場で何を考え、何に悩み、どんな術を講じているのだろうか。

 シリーズ第8回は焼酎でお酒を割る、果汁入り炭酸飲料のロングセラー、「ハイサワー」の製造発売元、株式会社博水社 営業部長 伴秀雄さん(64)。江崎グリコに34年間勤務。親の介護のために56才で早期退社。ハローワークを通して、目黒区内に本社がある従業員20名の博水社へ入社したのが2014年。レモンサワーブームの追い風に乗り、17年には主力製品の業務用ハイサワーレモンの売り上げも、首都圏を中心に前年比17%増の約268万本と伸びている。

 割り材はお酒と割って、はじめて本来の味になる。仕事にお酒は付きものだが、それとどう付き合うか。60才を過ぎた営業マンもこの仕事でアルコールには苦い経験がある。

最も重要なのは勧められた酒を断わること

 直属の上司はオーナーの女性社長だ。入社して間がない頃、社長と一緒に挨拶を兼ね、得意先の酒屋を回った。得意先ではごく当然のようにお酒が振舞われる。1件目の酒屋で、社長と先方の責任者と3人でワインを1本空けた。「実はタイから戻ったばかりでいいものがあるんですよ。東南アジアの名物、メコンウイスキー、飲りませんか」

 女社長がめっぽうお酒に強いとは、まだ知らなかった。この後、もう一軒挨拶回りが残っていた。部下としては社長を酔わせるわけにいかない。「いやこれは珍しい。私も若い頃は散々飲んだもんですよ」とかなんとか言いながら、ボトル一本をほとんど伴が一人で飲み干した。

 2軒目の得意先での記憶がまったくない。社長と別れ駅のホームのベンチで1時間ほど休んだ。夜も更け深酒をして満員電車に乗るのは辛い。雨の中、会社に戻り営業車の中で一晩過ごした。

 以来、得意先での振る舞い酒はほどほどを心掛けている。「もう結構です」と、適量を超える手前でお酒を断わる。それがこの仕事を続けていく上でのコツだと学んだ。

中小企業の管理職はなんでも一緒にやる

 前職の大企業で管理職が長かった伴には、部下に接する自分なりの術がある。「どうして?」と続けて4回聞くと、部下に不信感が芽生える。問題を解決したいのなら、部下を追い詰めてはいけない。

「どうしたらいいと思う?」と質問を発し、部下に考えさせ自分も考える。そんな部下への接し方は前職と変わらないが、管理職としての日々の振る舞いは、大企業と中小企業とでは大いに異なると伴は意識している。

 大企業は人がたくさんいるので、たくさんの部下を育てなければならない。部下を育てるためには見ていることが大切で、自分でやったほうが早いと思っても、手を出してはいけないことがたくさんある。部下に経験を積ませ、学習する機会を与えて育てるのだ。

 ところが中小企業で、そんな悠長なことは言っていられない。人が少ないのだから部下と一緒になって何でもやる。外回りの営業に伴が自ら行く時もある。

「ハイサワーを割る時は、直に氷に注いじゃダメなんです。こうしてグラスの縁から注ぐと、ほらきれいに泡立ちますよね」とか、居酒屋で割り材の実演をしたり。盆暮れの繁忙期は配送も手伝うし、大掃除もみんなで一緒にやる。

 何でもやらなければならないし、やらせてくれる。仕事で居酒屋の大将や女将とお酒を飲んだり、前職では出会ったことのない人と仕事を通して知り合えた。彼は今の中小企業の仕事は面白いと、思っている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。