人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

看護師6年目の本音「患者さんの話を聞き、寄り添うことが何よりも大切です」聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院・猪子萌さん

2019.06.19

あなたの知らない若手社員のホンネ~/聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 猪子萌(27才、看護師6年目)~

前編はこちら

様々な現場で働く若手社員を紹介しているこの企画、今回紹介するのは看護師である。ほとんどの人は一生のうち何回か看護師にお世話になるが、医療現場で医師とは異なるその仕事とは?中間管理職も若手社員も“白衣の天使”の仕事ぶりは参考になるに違いない。

シリーズ第56回、神奈川県瀬谷市にある総合病院、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 看護師 猪子萌さん(27・看護師6年目)。担当は病床数52床の消化器外科。入院する人の半数はガン患者で、手術を行う患者がほとんどである。
つらい、辞めたいとか嫌になるとか、脳裏を過ぎったことは一度もないという彼女だが、時にはイラっとすることもあった。

「患者さんの方がつらいんだよ」

 16時30分から翌朝9時までの夜勤が、月に6回ほどあります。夜勤は多い時で患者さんを10名ほど受け持つ。楽な勤務ではありません。業務にも慣れた2年目のある日、夜勤の時にナースコールを何回も押す患者さんがいて。ただでさえ忙しいのに、私は嫌になった。

「私は身体が一つしかないんです。他の患者さんもいるんで、ちょっと待っていてくれませんか!」と、少し強い口調で言ってしまった。その70代の男性の患者さんは寝たきりで誰も面会に来なく、寂しかったんでしょう。

「あなたは勤務が終われば、家に帰って好きなことができるでしょう。でも入院患者さんはずっと同じ状態でいるんですよ。帰りたくても帰れない。患者さんの方がつらいんだよ。それを考えてみて」そう主任の看護師に諭されまして。確かにそうだと。患者さんは管を身体に付け点滴につながれて。夜勤の時の自分よりも、ずっとつらい思いをしている。

 医師は病気を治すことに集中する。看護師は患者さんの話を聞き寄り添うことが、何より大切だと、初心に帰る出来事でした。

 つらい顔を見ていますから、患者さんの笑顔は本当に嬉しいです。「もえちゃん、退院が決まったのよ」「ほんとですか!あんなに痛い中で廊下を歩いたり、よくなることに一生懸命だっからですねー」私も笑顔になります。退院して外来に来院した時、「もえちゃん、元気?」と、わざわざ会いに来てくれる患者さんもいます。

 認知症でガンを患った女性の患者さんは、部屋の中にずっといるのが、見るからに辛そうでした。土日は検査や手術がないので、余裕があります。「暖かくして、桜を見に行きましょう」今年はその患者さんと、院内の満開の桜の下でお花見をしました。桜を見上げていたおばあちゃんは、私に聞かせようと思ったのでしょうか。「さくら〜さくら〜」って、歌を歌ってくれた。

 私の背中を押してくれた患者さんもいました。私は救急センターの看護師に憧れていた。でも、緊急時に命を救う医療現場に立つ自信がなくて。看護師として5年、このまま消化器外科でもいいかなと思っていたんです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。