小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

住宅ローンの事前審査と本審査、何がどう違う?

2024.06.15

住宅ローンの借り入れのためには、金融機関の審査を通過する必要がある。審査には、「本審査」と「事前審査」の2種類があり、最初の関門となるのが事前審査だ。

この記事では、特に事前審査を通るために重要となるポイントを解説している。住宅ローンを検討している人は、ぜひ読んで参考にしてほしい。

住宅ローンの事前審査と本審査の違いは?

事前審査は「仮審査」ともいい、本審査の前段階に位置づけられている。とはいえ、事前審査と本審査では様々な点で違いがある。

なお、住宅ローンの事前審査では借入額に加えて金利の種類も選択する必要がある。現在の金利状況で「固定金利」と「変動金利」のどちらが有利か、金利に関する基礎知識もチェックしておきたい。

超低金利時代はいつまで続く?これから住宅ローンを組むなら固定金利かそれとも変動金利か

バブル崩壊以降、今日までは「変動金利」を選んだ人のほうが、結果的に低金利の恩恵を受けてきた。 その一方で、まもなくマイナス金利が解除され、超低金利時代が終焉を迎...

住宅ローンの事前審査と本審査は銀行の審査基準が異なる

事前審査と本審査の大きな違いの1つは審査基準だ。事前審査は本人の返済能力が主な審査内容だが、本審査では本人の健康状態や物件の担保価値なども審査項目になる。

返済能力の審査もより慎重に行われるため、事前審査を通過していても本審査で落ちる可能性もある。

住宅ローンの事前審査の申込は住宅購入前

住宅売却のイラスト

住宅ローンの事前審査を申し込むタイミングは、住宅の購入を申し込む前だ。

この段階で、購入する住宅の価格に対して、いくらのローンを組むのかを決める。理屈の上では購入する住宅が決まった段階で申し込むことになるが、実際にはもっと早い時点で申し込んだほうが何かと都合がいい。その理由は、後ほど改めて解説する。

住宅ローンの事前審査にかかる期間(日数)はどれくらい?

住宅ローンの事前審査にかかる期間は、銀行によって異なる。スピード審査を売りにしているところなら、1~2日程度。遅くとも、1週間以内には審査が終わる場合がほとんどだ。

住宅ローンの事前審査に日数がかかっている場合は追加の書類を求められることも

事前審査に1週間以上かかるようなら、何か理由があって遅くなっていると考えられる。担当者が忙しくて手が回っていないというケースもあり得るが、審査基準ギリギリで審査が難航している可能性もある。

このような場合は、追加で提出書類を要求されることもある。それさえ用意すれば融資可能になることも多いので、必ずしも悪いとは限らない。

住宅ローンの事前審査と本審査で借入額は変更できる?

減額については、特に問題ない。問題は増額したい場合だ。

とはいえ、もともとの融資額が返済能力ギリギリでなければ、認められる可能性はある。もっとも、返済比率(年収に対する返済額の比率)が金融機関で定めている上限を超えるような場合は、審査を通過できないだろう。

住宅ローンの事前審査を早めに行うメリット/デメリット

事前審査は、購入する住宅を決めるよりも前、住宅探しを始めた段階で申し込んでおいたほうがいい。

早めに申し込んでおくと、融資可能な金額が分かり、住宅を探しやすくなる。売主との交渉もやりやすい上に、気に入った物件の購入手続にもすぐに入れたりと、メリットが大きいのだ。

一方、デメリットは、当初予算よりも高い物件を購入したくなった時、事前審査のやり直しが必要になることだ。

住宅ローンの事前審査を早めに行う場合は物件のチラシやパンフレットを用意しよう

住宅ローンの事前審査は早めに申し込むべきだが、本来は特定の物件を購入するために申し込むものなので、物件情報が何もない状態では審査を受け付けてもらないだろう。

それでも、物件を決めないまま事前審査を申し込みたいなら、検討中の物件のチラシやパンフレットなどを用意して、それを提出するといい。これだけでも十分、審査してもらえることがある。

住宅ローンの事前審査は複数申し込めるのか

この「複数」というのは、「複数回」および「複数の銀行」を意味する。ここからは、事前審査を複数受けるのは可能なのか、そして複数受けることによるメリット/デメリットを解説していく。

住宅ローンの事前審査は、同じ銀行で複数回受けてもいい?

事前審査も審査である以上、落ちることもある。同じ銀行に複数回、申し込むことに問題はないので、諦めないことが肝心だ。

住宅ローンの事前審査を複数の銀行に申し込むと信用情報を疑われるケースも

複数の銀行に申し込むことも特に問題はない。金利を比較するためにも、複数申し込む意味はある。審査基準も各社で異なるので、ある銀行でダメだった場合も、ほかで審査を通過できることもある。

とはいえ、無暗にたくさんの銀行に申し込みをするのはおすすめしない。というのも、事前審査にあたり、銀行側が信用情報機関に情報の開示を請求するからだ。その記録は残るので、あまりに多くの事前審査を申し込むと、「審査に何度も落ちている人なのではないか」と疑われかねない。数社程度なら問題ないだろう。

住宅ローンの事前審査は一括申込も可能

複数の銀行に、一括で申し込みできるサービスもある。これらを利用すると、申し込みの手間が省けるだろう。ただし、一括申し込みを受け付けている銀行は限られている。

なお、住宅ローンの金利は銀行によって大きく異なる。事前審査を申し込む銀行を選ぶ場合は、以下のような満足度ランキングもあわせてチェックすると良いだろう。

住宅ローン金利の満足度が高い銀行ランキング、3位SBI新生銀行、2位auじぶん銀行、1位は?

サイト回遊状況や銀行審査申込数、ウェブアンケートにより選出 住宅ローン比較サービス「モゲチェック」を運営するMFSは、ゲチェックユーザーを対象にアンケートを実施...

住宅ローン事前審査の必要書類は?

家の模型と書類

ネット銀行などでは、事前審査の段階で書類の提出を要求しないところもあるが、大半の銀行では以下のような書類を必要としている。

まず、「事前審査」の申込書が必要になる。それに免許証や健康保険証などの「本人確認書類」も必要だ。
そして、「収入を証明する書類」。サラリーマンなどの給与所得者の場合は「源泉徴収票」、自営業者などの場合は「確定申告書」などがこれに当たる。
物件の確認資料も必要だ。もっとも、上でも書いたように、事前審査の段階ではチラシやパンフレットのようなものでも構わない。

必要書類は、銀行によっても異なる。実際に申し込む銀行で確認しよう。

【参考】お申し込みに必要な書類(りそな銀行)

住宅ローン申込に必要な書類(三井住友銀行)

審査にはどんな書類が必要なの?(じぶん銀行)

住宅ローンの事前審査に落ちた! 失敗を次に活かすために大切なこと

住宅ローンの事前審査に落ちてしまうこともある。その場合は、どうすればいいだろうか?

住宅ローンの事前審査に落ちた理由を分析する

事前審査に落ちた場合、まずはその理由を分析しよう。ただし、審査をした銀行では理由を説明してくれないので、自分なりに推測するしかない。返済負担率が高すぎなかったか、信用情報に問題はなかったかなどを検討してみてほしい。

審査をした銀行とは、別のところで話を聞く方法もある。次に審査を受ける銀行で、「○○銀行の審査を通過できなかったのですが、何がいけなかったのでしょうか?」といった形で聞くと、有益なアドバイスを受けられることもある。

住宅ローンの事前審査に落ちたら条件を見直して別の銀行に申し込もう

事前審査に落ちたら、条件を変えて他の銀行の審査を受けてみることをおすすめする。

融資上限を下げたり、自己資金を増やしたりできれば審査に通りやすくなる。また、一般的に金利などの条件がいいローンは、審査も厳しい。審査に通ることを目的にするなら、多少、金利が高い住宅ローンに申し込むのも1つの手だ。

住宅ローンの事前審査は自分でも申し込める

住宅ローンの事前審査は、不動産会社などから紹介してもらった銀行に申し込む場合が多いが、自分で申し込むこともできる。

不動産会社に申し込みを依頼すると、どうしても手数料がかかってしまう。少しでも費用を節約したいなら、自分で手続をするといいだろう。
ただし、不動産会社は、審査に通りやすい住宅ローンを把握していたりもする。審査に落ちた場合は、不動産会社を頼ったほうがいいかもしれない。

住宅を購入しようと思い立っても、住宅ローンをいくら借りられるかわからないと、計画を立てることは難しい。購入を検討している人は、この記事を参考に、早めに住宅ローンの事前審査に申し込んでみよう。

文/ねこリセット

※データは2024年5月下旬時点での編集部調べ。
※本記事は住宅ローンを推奨する目的はありません。あくまで自己責任・自己判断でご利用下さい。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。