人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アマダイ釣りの極意を学んだ日

2019.03.02

 今年2度目の釣りにして2回目のアマダイ狙いで、ついにアマダイ釣りの極意をつかんだような気がする。初釣りでは新規購入のアマダイ専用竿と釣具店店員氏曰く“最強のアマダイ釣り用天秤”の威力を試すべく、正月早々に葉山あぶずり港のたいぞう丸に乗ったが空振りに終わった。この顛末はこちらの記事にて。

 予報では晴天かつ20度近くなるという釣り日和の2月20日水曜日、リタイア釣り師ならではの平日に、リタイア釣友の正林さんと再びたいぞう丸に向かった。前回は正月休み中で満船、片舷に9人という混み具合だったが、この日の釣り客は5名だ。僕は右舷一番前、正林さんは左舷一番後ろ、それぞれが最も好きな釣り座を選ぶ。予報通りの好天、暖か、そして船はガラガラと3拍子揃い、僕は好釣果を確信した。そうそう、前日から話題の、“朝日に映える”スーパームーンも観賞できた。

正林さんの座る左舷は2人だけ。

朝のスーパームーン。

鼻タレを20匹釣っても、49cmを1匹には敵わない

 船は一路、大型狙いのエリア・城ヶ崎沖に進み、8時前に釣りスタート。第1投から、これぞアマダイのアタリが来る。だが小さい。“鼻タレ”と呼ばれるミニサイズだ。第2投、再び鼻タレ。以後9時頃まで、アタリが連続する。鼻タレか外道のトラギスで、1時間に鼻タレ3匹を釣り上げた。鼻タレとはいえ本命、幸先いいのは間違いない。さすが専用竿、最強の天秤、こんな小さなサイズでもアタリがよくわかる。

鼻タレ1号。以下、サイズはオキアミとの対比で。

 そんなささやかな幸福感に浸っていると、お隣氏が49cmを釣り上げた。間髪置かず、僕にもアタリ。“こっちにも!”と思いきや、またも鼻タレ。あれ? 船長がメジャーを持って、この鼻タレを計りに来る。大型を計るならわかるが、何故? 「あ~、22cmですね。釣った数に入るのは23cm以上なので、釣果に入れないでください」。釣り始めて1時間強で4匹、いや未だ0匹ということか……。鼻タレを20匹釣っても、49cm1匹には敵わない。やれやれ。とはいえまだ9時過ぎ、チャンスはたっぷりある。その後もアタリは続き26cm級を2匹、11時半頃に30cm級と順調にサイズアップ。光が見える。

30cm級。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。