人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

データを断捨離すれば動作が快適に!iPhoneのストレージ容量を確認して増やす方法

2019.02.21

いま、お使いのiPhoneに「最近どうも動きが重くて……」という悩みはないだろうか? 快適にiPhoneを使うには、不要なデータの定期的な「断捨離」が必要だ。では、どのように不要なものを選んで、捨てていけばよいのだろうか。この記事では、iPhoneのデータの断捨離方法について、詳しくご説明する。

【参考】iPhoneの容量不足を回避するために覚えておきたいテクニック

iPhoneで「断捨離」するにはストレージの容量確認が必要

iPhoneの不要なデータを効率よく捨てるには、削除すると大きく効果があるところから手を付けたいところ。手始めに、ストレージの容量を確認するところから始めてみよう。

「設定」アプリを開き、「一般」→「iPhoneストレージ」をタップ(画像左)すると、ストレージに関する情報が表示される(画像右)。上段の棒グラフは、使用中のストレージに関する情報だ。

画像の例では、256GBのストレージのうち、128.9GBが使用中ということになっている。また、棒グラフが色分けされていて、どのようなデータがどれくらい占めているか「見える化」されている。

【参考】iPhoneのストレージ容量がいっぱいになった時の対処法

iPhoneの容量確認をしたら不要なアプリを削除しよう

「iPhoneストレージ」の下段には、インストール済みのアプリが並んでいる(画像左)。ストレージ使用量が多い順に並んでいるので、上から順に見て不要なアプリを消していくのが、容量を空けるのに効率的だ。

アプリをタップすると、「Appのサイズ」と「書類とデータ」で、使用しているストレージ量を表示してくれる(画像右)。「Appを取り除く」もしくは「Appを削除」をタップすると、そのアプリを削除できる。

iPhoneが提案する空き容量を増やす方法

必要のないアプリを自分で探すのが面倒な場合、iPhoneに提案してもらう方法もある。「iPhoneストレージ」の中段を見ると、「おすすめ」の項目が並んでいる(画像左)。これは、空き容量を増やす方法のうち、効果的なものを優先的に提案している。「すべてを表示」をタップすると、ほかの方法も表示される。

画像の例だと、「iCloud写真」ではiPhoneに保存してある写真をiCloudにアップロードして、iPhoneの空き容量を確保する方法を提案している。これによって14.5GBの空き容量を確保できる計算だが、これだけiCloudに保存するとなると、有料プランに移行する必要がありそうなので注意したいところだ。

また、画像の例で「iCloud写真」の下にある「非使用のAppを取り除く」は、使われていないアプリをiPhoneが調べ上げ、それを自動的に削除するという方法だ。使ってなくても、あえてインストールしたままにしておきたいアプリがあるなら別だが、ひとつひとつ選ばなくても自動で削除してもらえるので便利だ。

ちなみに、消したアプリを再度、使いたくなったときは、有料/無料を問わずいつでも再インストールが可能なので安心してほしい。

このiPhoneに提案してもらう方法は、アプリごとでも可能だ。例えば「写真」アプリをタップすると、「写真」アプリで可能な「おすすめ」の項目がまとめられている(画像右)。どちらのやり方でも、「使用」をタップすれば、その提案方法を実行する。

【参考】iPhoneで写真の容量が増えてきた時の対処法

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。