人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.26

iPhoneで写真の容量が増えてきた時の対処法

iPhoneを使用していると、本体のストレージがいっぱいになることがある。特に日常的にiPhoneで写真を撮影している方は、すぐに本体の容量がいっぱいになってしまうだろう。

写真がiPhoneの容量の多くを占めている場合、カメラで新たな写真が撮影できなくなる。シャッターチャンスを逃さないためにも、常にiPhoneの本体容量には余裕を持たせておきたいところだ。

そこで本記事では、iPhoneの写真が容量を圧迫している時の対処法を紹介する。

iPhoneの本体容量(ストレージ)で写真が占めている割合を調べる

まず、iPhoneの容量が少なくなっている原因が、本当に写真データによるものなのか明らかにすることが必要だ。以下の手順から、iPhoneストレージの内容を確認してみよう。

【iPhoneの容量確認方法】

1.設定>一般>iPhoneストレージと進む
2.「写真」の容量を割合で確認する
3.「写真」の容量を数値で確認する

iPhone全体の容量の中で「写真」が多くを占めている場合、写真の設定を見直すか、不要な写真の削除を検討していくことになる。

iPhoneで撮影した写真の容量を確認する

Phoneの容量を占めている「写真」の割合は、前項で紹介した「iPhoneストレージ」の項目から確認できる。ただし、iPhoneのストレージから確認できるのは、「写真全体の容量」だ。

iPhone内の写真を1枚ずつの容量を確認する

実は、撮影した写真1枚ずつの容量はiPhoneから確認できない。これはやや不便な点だが、無料アプリを使うか、PCに写真データを移し確認することになる。

Macであれば、容量を確認したいデータを「control+クリック」し「情報を見る」で容量の確認が可能。無料の「Googleフォト」iOSアプリを使用すれば、写真のバックアップに加え、写真1枚ずつの容量の確認も可能だ。併せて活用してみよう。

iPhoneの空き容量がおかしい時は?

iPhoneのストレージを確認すると、心当たりのない「その他」などの項目が容量を占めていることがある。そのような場合には、以下の記事を参考にしてほしい。

【参考】iPhoneのストレージ容量がいっぱいになった時の対処法

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。