人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

公道から眺められる車両も!懐かしの相鉄車両図鑑|保存車編

2018.12.27

モニ2000形2005号車

相鉄の黄色塗装は、事業用車としての警戒色を表す。

かつては2000系として旅客列車に就いていたが、終了後は一部が荷物電車に改造。それも終わると、今度は4両が事業用車両として残り、架線観測(観測ドームつきの車両で実施)、入換作業、事故救援などの役割を担う。ちなみに、モニの「モ」は電動車、「ニ」は荷物車を表す。

しかし、老朽化が進んだこと、部品の確保が困難になったことから引退が決定。当初は新6000系を改造する計画をたてていたが、鋼製車体などが影響し、7000系に変更された。

後釜の登場により、2007年3月20日に引退。最後まで残った2005号車が保存された。

12000系登場!!

長い旅路の末、かしわ台車両センターに搬入(相鉄ビジネスサービス提供)。

JR線直通用の12000系が2018年12月18日、横浜市の総合車両製作所を出発。様々なルートを走破した末、12月21日、かしわ台車両センターに搬入された。自走できないので、JR線内はJR貨物のDE10形(ディーゼル機関車)、相鉄線内はモヤ700系に牽引された。

今後、車両の整備、各種検査、試運転などを行ない、2019年春のデビューを目指す。

【取材協力:相模鉄道、相鉄ビジネスサービス】

取材・文/岸田法眼

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。