人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人間だけじゃない!?オスのコアラの草食化が進行中

2018.12.23

【動物園を100倍楽しむ方法】第7回 コアラの飼い方

前編はこちら

 動物が大好きで、動物園の生き物についてのいろんなことが知りたい。そこで日々、担当の動物に接している動物園の飼育員さんのお話を、じっくり拝聴しようというのがこの連載。動物園の動物たちのいろんな逸話を教えてもらおうというわけである。

 今年開園60周年を迎えた東京都日野市に位置する多摩動物公園。上野動物園の約4倍という自然が残る敷地に、柵を使わない形で動物を展示している。

 今回紹介するのはコアラ。多摩動物園コアラ館ではメスのニーナと、オスのコタロウの2頭が飼育されている。いつも木の枝でじっとしているコアラは、目視で体の異変がわかりづらい。ユーカリの葉しか食べない、コアラの食欲が落ちたからといって、好みに合わない葉なのかもしれないし、一概に体調の悪化に結びつけることもできない。ストレスに弱いコアラは、10年ほどで何らかのアクシデントを起こし、急逝する個体も多い。

 飼育員の永田典子さんはコアラを担当して5年。何度かコアラの死に遭遇した。担当に携わってから叶っていないコアラ誕生に向け、日々奮闘する。後半はコアラの“死”と“誕生”に向けての物語である。

極度の貧血コアラ

 私が担当した当時、飼育していたオスのマックスは、よくアクビをするコアラでした。

 ユーカリの状態がイヤなのか。それにしても食べないなと。最後の方は手渡ししても、マックスはつかむのがしんどかったのか。私たちが柔らかい葉を口元に持っていき、食べさせるような状態でした。

 食い止める方法があったのではないかと、私たちは死に至るまでの経過を考えます。後から考えると、目のまわりや鼻のまわりが白っぽかったかな、もう少しピンク色でなければいけなかったのに……と、思いましたが。死んだ後でわかったことですが、マックスは極度の貧血でした。だからよく生あくびをしていた。ユーカリの枝を自分でつかめなかったのも、貧血で力が入らなかったからなのか。

 治療といっても、コアラには輸血する血液がありません。ユーカリの食べる量や、まめに体重を測り痩せてないかをチェックしたり。糞尿を採取や血液の値、レントゲン検査や体調を崩したコアラには投薬等、獣医さんが考えた対処治療を施して。回復を祈るしかありません。

草食化したオスコアラ

 気持ちを切り替え、繁殖に取り組んでいますが、私が飼育に携わってから赤ちゃんの誕生は実現していません。普段は寝ていることが多いコアラですが、メスは発情すると夜間に木から床に降りる回数が多くなります。

「メスが発情したら、そこにオスを持っていけばいい。メスが高いところで待っていて、下からオスがワッと行くんだ」以前の担当者から、そんなアドバイスをもらいましたが、私が扱ったオスはなぜかメスに負けてしまう……。

 以前の担当者にコアラ館に来てもらい、マックスのペアリングを見てもらったんですが、オスがメスに行く様子がない。「何だこりゃ、俺の知っているオスとはまったく違う」と、首を傾げていた。ちなみにコアラはストレスを感じるとしゃっくりをする。マックスはミライというメスと交尾中に、ミライがしゃっくりをして。それに驚いたマックスが木から降りてしまったことがありました。

 私が期待したのは、名古屋の東山動物園から来たオスのタイチで。3才になったばかりのタイチは、勢いがあると思ったのですが、メスのミライと交尾を試みると……。ミライの母親のミリーの気の強さは有名で、一時名古屋の東山動物園にいた時は、オスたちをビビらせたという逸話があるぐらい。当然、その子のミライも気が強い。

 タイチと一緒にした時、ミライがタイチを脅かしに行くと、タイチは怖がり手や口で攻撃をする。もちろん、ミライも負けてない。ひっかいたり噛みついたりして、枝から落ちて私たちがストップをかけた。タイチはそれがトラウマになったのか、その後は交尾の気配がありません。

 ある時、2頭を一緒するとミライがタイチに向かって、シャーッと猫が威嚇する時のような声で鳴いている。コアラのオスの声は低くて大きい。ミライはそれを真似するかのような鳴き方です。タスマニアデビルの多摩動物公園への入園に付き添ってきたオーストラリア人の動物園関係者に、ミライの鳴き方を見てもらうと、「オスの真似をして低い声で鳴くのは、もっといいオスを呼び寄せようとしているんだよ」と。

 やっぱりタイチとミライは、ダメってことか……と、改めて思いました。草食系のタイチですが、やる時はやるといいますか。今年1月に横浜市立金沢動物園から1ヶ月間、ユイというメスを預かったのですが、年ごろのお嬢さんにタイチが興奮して。

 オスが発情すると、胸の臭腺からユーカリの臭いを煎じたような強い臭いを発します。縄張りを主張するために、その臭いを枝に擦り付けるのですが、興奮したタイチは屈んで枝の区分けをしている飼育員の背中に、臭いをなすりつけた。「作業が終わったら、着替えてきます」と飼育員が言葉にするほど、その臭いは強烈でした。

 タイチはイケメンで、陽気な感じでよく動くので人気があります。今、タイチは東山動物園にいますが、コアラのメスたちが色めき立っているという噂を聞きましたよ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。