小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

40、50代で出世が遅れる人の共通項

2014.03.11

 今回は、40?50代の人で、昇格が同世代の中で遅れ、いわゆる「出世コース」から外れている社員の共通項を紹介したい。ちなみに、私の同世代は40代だが、社員数が100人以下の会社では、すでに役員になっている者がいる。一方で、社員数が1000人以上の大企業となると、部長になっている人は少ない。その意味で、部下が10人もいる部長なら「同世代の中でも昇格が速い」といえるのではないだろうか。社員数が1000人以上の大企業で、40代半ばで執行役員になっている者は10年以内に取締役になり、社長のポジションを狙えるに違いない。このように、出世コースに乗れる人は同世代のうち、だいたい1割以内で、残りの9割は、自らの処遇(人事評価)について何らかの不満を持っているというのが、これまで様々な企業に取材してきた私の経験から感じることだ。そのような人たちと接していて、気がついたのがある共通項があるということだ。

1.過去の「栄光」にすがろうとする

 今の自分に自信がないから、過去の「栄光」にすがろうとする傾向がある。例えば、20代の頃に同世代の中で比較的、大きな仕事を任されていたことや、新卒で入社した直後は期待されていたことなどだ。さらには、学生時代の頃や大学受験に遡ることすらある。彼らには自分では気がついていないのかもしれないが、盛んに過去のことを話す癖がある。まだ40?50代だが、70?80代の人と同じようなことを口にする。決して、現在を冷静に見据えようとしはしないのだ。自分がなぜ、昇格が遅れたのかを考えようとしない。本来は、何かの理由があるはずなのだが、それを直視しないのだ。だからこそ、一段と昇格が遅れ、会社にいることがつまらなくなる。

2.同僚への嫉妬が強すぎる

 競争で負けたのだから、少々の嫉妬心を持つことはある意味で当然であり、仕方がないことだと思う。しかし、私がここ10年で接してきた、40?50代で昇格が遅れる人は、同世代の出世グループの人たちに、強い嫉妬心を抱いているケースが多い。率直な印象でいえば「強すぎる」と思えるほどだ。例えば、挨拶すら、出世グループの人としない人がいる。社外のスタッフである私が見ていても、あまり気持ちいいものではない。同じ職場にいる社員なら、もっと滅入るだろう。現状を素直に受け入れることができない気持ちはわかるが、周囲の目があることを忘れてはいけない。表向きはライバルを称え、大人気ない言動は慎むべきだ。嫉妬心を持ち続けると、自分の心や意識が悪い方向に向かう。現状が悪化することもありうる。

【あるあるビジネス処方箋】40、50代で出世が遅れる人の共通項

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。