人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2015.10.27

【仕事の処方箋】部下が心得ておきたい未熟な上司の心理状態

■連載/あるあるビジネス処方箋

経験の浅い上司や未熟な上司は、部下の言動が気になって仕方がない。自信がないからだ。例えば、部下が逆らったり、徒党を組んで反抗すると、冷静に話を聞けずキレてしまい、ひどい時は仕返しをしようとすることさえある。今回は、そんな上司が部下の言動の中で特に嫌がったり、おびえたりすることを紹介したい。部下としては、上司の心理をあらかじめ心得ておくことで、トラブルを防ぐことができるので参考にしてほしい。

1.部下が逆らう

 ほとんどの上司が、程度の違いはあれ、部下を意のままに動かしたいと思っている。それは、単なるわがままではない。管理職として責任を感じているからこそ、部下をコントロールし、部署をまとめたいと思っているのだ。そんなとき、仕事の指示や命令に従わない部下がいると、不愉快であり、怒りを覚える可能性が高い。

意見を言っただけでも、「反抗的」「協調性がない」などと見なす上司もいる。感情を抑えることができずに、キレることもある。それほどに、部下が逆らうことにはアレルギーがあるのだ。これは自信のなさの表れともいえる。上司と話し合うときには、そのあたりを踏まえたい。

2.部下からの評価が低い

 上司は自分のメンツやプライド、立場などを守りたい、という防衛本能を持っている。上司は部下を持つ一方で、上には役員や社長などがおり、その間で常に不安を感じているのだ。上司から自分はきちんと評価されているだろうか、部下からは認められているだろうか……こんなことをよく考えているはずだ。防衛本能があるからこそ、このように不安になる。

だからこそ、部下から反抗的な態度をとられたり、舐められたりすることを恐れるのだ。経験の浅い、実績に乏しいなど自信のない上司だと、この思いが強くなり一段と怯えてしまうようだ。

3.部下が徒党を組む

 上司は、部下たちが1つになって、自分に反抗してくることを恐れる。例えば、「課長の仕事の指示はめちゃくちゃです」「部署全体のことを考えてください」などと、皆から一斉に言われることだ。そのため徒党を組まれると、自分のメンツや立場が脅かされると思うのだ。

だからこそ、部下が一枚岩にならないようにしようとする。自分が知らないところで、部下たちだけで話し合いが行なわれていることを知ると不満を思う。これも部下たちで1つにまとまることを警戒しているからだ。さらに経験が浅い上司だと、部下が徒党を組むことを極度に恐れる場合すらある。これも、自信がなさの表れなのだろう。

【仕事の処方箋】部下が心得ておきたい未熟な上司の心理状態

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ