人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.10.09

入社6年目の本音「店舗作りを通して、日本とアジアの国々とのより良い関係作りたい」

■あなたの知らない若手社員のホンネ~株式会社ローソン/岩山淳史さん(28才、入社6年目)~

前編はこちら

若手社員の仕事へのモチベーション、中間管理職にとってそれの熟知は、職場での人間関係を円滑にする秘訣だ。若手社員も同世代がどんな仕事に汗を流しているのか、興味のあるところに違いない。バライティーに富んだ職種を紹介してきたこの企画、今回はおなじみのあの店である。

シリーズ40回目は株式会社ローソン アジア・パシフィック事業本部 岩山淳史(28)入社6年目だ。ローソンは国内におよそ1万4000の店舗を展開するコンビニエンスストアである。

アジアと日本の架け橋になるような仕事を目指して入社した岩山さん、直営店の店員では女性パートさん、支店時代はスーパーバイザー(以下・SV)、FC店のナチュラルローソン時代は同僚の店員、仕事上でのコミュニケーションを模索し悪戦苦闘する岩山さん、彼の小売りの修行は店長へと進んでいく。

コミュニケーション不足での失敗を逆転

ナチュラルローソンには3ヶ月間勤務し、次は品川区内の直営店の店長に配属されました。店長は売上げの管理や発注、面接してクルーを採用したり育てたり。業務が増えて、指示を受ける側から指示する立場になったのです。

まず感じたことは、店舗のクルーの有り難さですね。クリスマスとか正月とか、店に出てくれるクルーは貴重で、大晦日に年が替わる時間帯に入ってくれる夜勤さんとかは、本当に有り難い。

感謝の思いを伝えなければいけないと思いました。メッセージカードに「いつもありがとうございます。助かっています」と一筆書き添え、クルーの名札にそれとなく挟んだり。僕の代わりに消耗品の発注をしてくれたら、「有り難かったです。その時間を使って別の仕事ができました」と。人が足りない時に、協力して店に入ってくれたクルーには、「助かりました」と、缶コーヒーに感謝の言葉を添えたり。

日頃から具体的に感謝の言葉を表す、このことに心がけ続けると、クルーとの人間関係の距離感が近づいたといいますか。「棚がきれいに見せるように整えようね」とか、「値札は左端に付けるのがルールですよ」とか、僕の注意の言葉もクルーはちゃんと聞いてくれまして。

人のことを考えるという、これまでコミュニケーション不足で失敗したことが、店長になって生きているという実感を徐々に持つことができましたね。

実は配属された直営店は、前年比で80〜90%と2年連続で売上げが低迷していて、店長として着任した時から「閉店するお店です」と、本部から伝えられていました。

なんとかならないか……。オフィスビルの一階にある店舗だったのですが、そのビルは女性の働く比率が高い。以前、勤務したナチュラルローソンのコンセプトを応用することはできないか。

ふつうのローソンなら、新商品を棚に目立つようにして並べますが、女性は商品を手に取り裏の文字をよく読んで購入する人が多い。いかに商品の価値を伝えられるかが大事で。ナチュラルローソンのように、光沢のある布の上に商品を並べたり、棚の最上段を黒い布にして商品を斜めに陳列したり、工夫はできるはずだ。

店で採用する商品は、男女別年代別にターゲットがわかるようになっています。例えば健康志向にヒットする、野菜ジュースでもグリーンスムージーや、女性はチョコレートが好きですが、フランス製の小サイズの高級なものとか。女性の心に刺さる品揃えを心がけて。

ポップも大事です。新潟限定のスイーツを棚に並べた時は「このデザートは店長が新潟出身の親戚を訪ねた時によく買います。それがここで食べられるなんて、私も5個買っちゃいました(笑)」お客さんの心の距離感に、近づく工夫もしました。

その結果、売上げが前年比の110%まで伸びまして、閉店するはずだったその店舗はナチュラルローソンとして残ったんです。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。