小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

夏バテ対策必要なものは「筋肉」だった!?

2018.08.03

食欲が減退する夏は、麺類の消費が増加! 

夏の暑い日は、そうめんやうどん、 蕎麦など、手軽でさっぱりとした食事で済ませることはないだろうか?

夏は、そのほかの季節に比べて麺類の消費が増加する。そうめんなどの炭水化物 が中心の食事は、たんぱく質などの栄養素が不足し、栄養バランス が偏りがち。

たんぱく質は、血液や筋肉などをつくる主要な成分(材料)だが、糖質や脂肪のようにカラダ に蓄えることができないため、本来は毎日継続的に食事から摂取することが必要だ。

具体的 には、肉、魚、大豆製品などを毎食いずれか一品とる必要があると言われている。たんぱく質の 摂取不足が続くと、筋肉を維持することが難しくなり、疲れやすく、夏バテしやすいカラダになって しまう。

たんぱく質は1食20〜25gが目安

夏は栄養バランスの良い食事を心がけるだけでなく、 そうめんやうどん、蕎麦などで食事を済ませる場合は、 魚介類や野菜の天ぷらを添えたり、ミニ丼とのセットにするなど、たんぱく質を補うことがおすすめ。

また、たんぱく質は量だけでなく「質」にも注目することが大切。たんぱく質は 20 種類のアミノ酸がつなぎ合わさってできている。人間の体を構成するアミノ酸 20 種類のうち、体内では 作られない9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼ぶが、必須アミノ酸は食材によってとれる量が異なるのだ。

例として、麺類によく使われる “小麦”の必須アミノ酸バランスについて図を確認してみよう。“小麦” から摂取できる必須アミノ酸は、 リジンが特に少なく、全体的に必須 アミノ酸のバランスがあまり良くないことがわかる。

さらに、食事をする際は、一つの食材に偏らないことが大切。“良質なたんぱく質”を上手に 摂るためには、アミノ酸バランスが良い肉類や魚介類、乳製品や卵や豆類物など、様々なたん ぱく食材を、朝昼晩の3食の食事の中でしっかりととることを意識することがおすすめだ。例えば 普段の食事にヨーグルトや大豆製品を追加するなど、組み合わせるのも良いだろう。

色々な食材からたんぱく質を摂ろう

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年3月15日(金) 発売

DIME最新号はデザイン一新!大特集は「東京ディズニーリゾート&USJテーマパークの裏側」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。