人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

入社6年目社員の本音「新郎が酔いつぶれてしまった時はどうしようかと…」エスクリ・中尾浩人さん

2018.06.29

■最長は5時間の披露宴

 キャプテンは披露宴の終了時間にも、気を配らなくてはいけません。披露宴の時間はだいたい2時間半ですが、キャプテンにも慣れてきた頃のことです。僕が受け持った披露宴で、通常の時間よりもさらに2時間半も押してしまい、5時間かかったことがありました。

 いつも通りはじまった披露宴でしたが、めでたい席ですからゲストの方から、「まあ一杯」とお酒を勧められて。新郎はお酒に弱かったのでしょう。お色直しの着替えに新郎新婦が席を立ち、再入場する時に新郎が扉の前で完全に動けなくなってしまった。さらにぐーぐーとイビキをかき出はじめたんです。新婦は泣き出してしまうし、いったいどうしていいのか僕もあわてた。

 椅子を持ってきて、扉の前で酔いつぶれ寝入っている新郎を座らせて。「新郎は入場できません」僕の言葉に、駆け付けた僕の上司のリーダーが、助け舟を出してくれました。

「もう一つの扉から、新婦とお父さんを入場させよう」司会者にも、「お父様がすごく大事にされていた新婦様ですから」と、新婦とお父さんが並んで会場に入場してくるシーンに、フォローの言葉を添えてもらって。「料理を先に出しましょう。食事の時間をゆっくりとって、食後のコーヒーもなるべくお替りしてもらうようにして」「その間に新郎の回復を待とう」

 結局、最後の新婦の手紙を読むシーンでは新郎もなんとか回復。メインテーブルに二人並んで立ち、つつがなく終わりましたが、5時間の披露宴は後にも先にも、あれ一回きりです。通常は複数の披露宴が入っていて、長時間は不可能なのですが、この時はたまたま後ろに、宴会がなかったので助かりました。

「中尾くん、キミ、プランナーに合いそうだね」と、入社当時から上司に言われていました。プランナーへの配転は、キャプテンの仕事が軌道に乗った入社1年後でした。配属が決まり、福岡から今のラグナヴェール トウキョウに転勤になりまして。東京駅に近いこの結婚式場は、会社では“八重洲”と呼ばれていて結婚式の数が一番多い。

「止めとけ、大変だぞ」先輩たちには口を揃えてそう言われたのですが、僕はいいチャンスだと思ったんです。ところが――

 忙しいのはいいとして。どんな結婚式にするのか、主導権を握るのは新婦だ。新婦は式の内容についての相談相手として、同性を好む。そんな事情から結婚プランナーの8割は女性だ。その中に飛び込んだ中尾さん、結婚式の売上を伸ばすための孤軍奮闘ぶりは、並大抵ではなかったようである。

 そのお話は後編で。

取材・文/根岸康雄
http://根岸康雄.yokohama

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。