人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

サンバレーの球転がし対応真空管プリアンプキット『SV-Pre1616D』に挑戦

2018.06.03

■入力切替など部品の取り付け

電源回路が完成したら、あとはシャーシーに取り付けたラグ板と空中配線という高度なハンダ付けに突入する。まず、プリアンプの要となる入力セレクター周りが狭いので、部品を固定する前に配線のハンダを済ませておく。シールド線は端末を熱伸縮チューブで処理する必要がありなかなか面倒である。あとはシャーシにパーツを取り付けてから、配線にかかる。重たい出力トランスがないのでパワーアンプよりも扱いは楽だった。

これが入力セレクター。4系統あるので必要な配線は8本+シールド線2本となる。

必要な長さに配線材をカット。まあ少し余裕をみて長めにした方がいい。上のグレーの線材がシールド線だ。

ホットの外側を網目状にシールド線が覆っているので、これをまとめて予備ハンダしてから、熱伸縮チューブを被せて絶縁しておく。

これで入力セレクターの配線は完了。左の針金のように見えるのはスズメッキ線だ。

背面にはズラリとRCAピン端子が並ぶ。さらにUSB/DACへの切り換えスイッチ。ヒューズ、ACインレットを取り付ける。

空中配線に不可欠なラグ板は右下のような形状だが、シャーシに固定するための端子は使わないので、間違えないようにペンチで折り曲げておく。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。