人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「もう走れない」と思ったら大間違い!ママチャリが生まれ変わるメンテナンスの極意

2018.05.26

■メンテナンスでお得に長く乗り続けよう

 ママチャリの寿命は一般的に2年から3年ほど。特にタイヤのゴムが劣化してしまう。けれども、空気入れを欠かさず行えばタイヤの寿命は延びるし、お店の人に相談すれば自転車の寿命を伸ばすアドバイスをもらえる。

 先ほども述べたように、自転車はパーツの集合体だ。それぞれの部分を気にかけながら定期的にメンテナンスすることで、同じ自転車でも長く使えるかもしれない。コスパが上がってお得になるかもしれないのだ。

 最後に、自宅で何年も放置したようなママチャリでも、メンテナンスをすればまた使えるのか平田さんに聞いてみた。

「フレームさえ問題なければ、パーツを修理・交換することでまた乗れるようになると思います。まずは一度洗車して自転車の状態を確かめて、お近くの自転車屋さんに持ち込んでみてください」

 自宅の片隅で寂しげにたたずむ彼らは、まだ現役で走れる可能性がある。一方で、このような指摘も頂いた。

「しかしフレームの耐久性にもある程度の寿命があります。特に中古の自転車は、前の持ち主がどのように乗りこなし、どのように保管したのか分からないので、経年劣化が激しいこともあります。その場合は、自転車屋さんの判断を仰ぐことになるかもしれません」

 自転車は私たちの大切な足だ。身近な存在ゆえに、いい加減に扱うこともある。だが、ちょっと気にかけてメンテナンスしてあげることで、何年も一緒に走る相棒になるかもしれない。「こんなのもう乗れない!」と愛車に憤っている方は、買い替える前にお財布のためにも相棒のメンテナンスに挑戦してみよう。

【取材協力】
「サイクルスポット」
コンビニ感覚の自転車ショップとして第1号店を中野にオープンして以来、地域密着型の「町の自転車屋さん」を目指し、都心を中心に店舗を展開中。
「サイクルスポット&ルサイク イトーヨーカドー南大沢店」
https://www.cyclespot.net/shops/cyclespotlecycminamiosawa/

取材・文=いのうえゆきひろ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。