人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「もう走れない」と思ったら大間違い!ママチャリが生まれ変わるメンテナンスの極意

2018.05.26

■コスパが上がる洗車のススメ

 まずは誰でも行える自転車のメンテナンス方法をご紹介したい。その中でも一番簡単なのが、空気入れだ。

「空気が減るとペダルを漕ぐのが重くなり、タイヤが痛むのも早くなります。普段使う自転車のタイヤの空気が減ったら、良いことなんて1つもないと言えるでしょう。当店では良い状態を保つという意味で、月に一度の空気入れをご案内しています」

 これなら誰でも簡単にできそうだ。そして次に行いたいのが、洗車だ。……しかし「うーん、自転車を洗車するのは……」と思ってしまう読者も多いのではないか。取材する私自身も「ぶっちゃけ面倒だなぁ」と感じてしまった。そんな不届きな私に、平田さんは洗車するメリットを解説してくれた。

「自転車は、パーツの集合体です。自転車のフレームを中心に、1つ1つのパーツを組み合わせて作られています。したがってブレーキがダメになったから買い替える、サドルがダメになったから買い替えるというのではなくて、パーツを修理・交換しながら使い続けることができます」

車体の白い部分がフレームにあたる

 自転車はフレームさえ問題なければ、修理・交換しながらいつまでも乗り続けられる乗り物。ランニングコストを考えると、定期的に買い替えるよりもコスパが良いかもしれない。そこで行いたいのが、洗車なのだ。

「自転車を洗車するメリットは、車を洗車するのと同じように、車体全体を見渡しながら行うので、自転車の傷や故障などの色々な変化に気づけることです。早めに気づくことができれば簡単な修理で済みますし、気持ち良く安全に乗り続けられます」

 その方法はいたって簡単。タオルで水拭きするだけでいい。自転車のフレーム、ハンドル、サドルなど、全体的に拭いてみよう。月に一度10分程度の洗車をするだけで、いち早く愛車の変化に気がつき、比較的安価な修理で済ませられる。結果、長くお得に乗り続けられるかもしれないのだ。なるほど、それならできそうな気がしてくる。

 洗車といえば、長く使っていると頑固な汚れがつくこともある。ハンドルがベトつく。サドルに異様な斑点ができた。こういった汚れは水拭きだけでは落ちない。そんなときはどうしたらいいだろう。

「ハンドルやサドルには合成革が使われることが多いので、雨がしたたるとカビるような具合で汚れてしまいます。これは水拭きでは落ちないので、専用のクリーナーを使う手段があります」

 そこで平田さんがお店から出してきたのが、ワコーズの「フォーミングマルチクリーナー」だ。

これも使い方は簡単。車体全体に吹きかけて。

あとはタオルで拭くだけ。

 弱アルカリ性なので、子どもが使っても安心だ。値段は税抜き1000円。サドルを買い替えるより圧倒的に安い(店舗によっては取り扱っていないこともあるので、最寄りの自転車屋さんで在庫を確認しよう)。

 また、自転車を長く乗っているとありがちなのが、ベルの不調。これもちょっとしたコツで解決するかもしれない。

「自転車用のベルの多くは、外側の鉄の部分を、中のもので打ちつけることにより鳴らしています。なのでベルが鳴らない場合は、中のものが動作しなくなっている、もしくは接触が悪くなっている可能性があるので、ベルの位置をずらしてあげると再び鳴ることがあります」

 それでも鳴らないときは、お近くの自転車屋さんで交換しよう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。