小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

入社3年目社員の本音「夢は尽きません」LINE堤奈々絵さん

2018.05.06

■自分で配信してみたら…

「ユーザーの気持ちをもっとわかるために、どんな方法があるでしょうかね」

 ある日のことです。アフターファイブの飲み会で、そんな話題で盛り上がりまして。

「じゃあ、堤さん、自分で配信してみればいいじゃない」「あっ、それ面白そうですね」

 先輩の何気ない言葉に、私は手を打つようにうなずきました。そこでさっそく、公式チャンネルを一つ作り、LINE LIVEで配信を開始したんです。

『私はLINEの社員です。LINE LIVEの企画を担当しています。何でもいいですから意見をください』そんな内容のメッセージを配信して。寄せられたユーザーからの意見は興味深かったですね。その中に『もう少し、プライバシーを守れるような機能を入れてほしい』という内容のコメントがありました。

 今のLINE LIVEの仕組みですと、誰でも自分のことをフォローできる。“フォローしたい”という申請が来た時に、OKかNGか判断できるような機能がほしいというリクエストでした。若いユーザーは自分の姿をみんなに見てもらいたいはずだと、私たちは考えていました。でも、ユーザーの中には自分の知っている範囲内の人だけに、見せたいという思いを持っている人もいることを知りまして。私にとっては新鮮で、今後の機能の追加に参考になる意見でした。

 ちょっとショックだったのは、ネガティブなコメントが来た時です。

「この企画考えたヤツ、頭悪いんじゃねえの!?」とか、「自分は頭いいと思って企画してるんだろうけど、ユーザーの心を全然わかってないんだよ」とか。自分で言うのもヘンですが、私はかなりポジティブで。その私が思った以上に傷つくと身をもって知りまして。ネガティブな気持ちのまま、ちょっと配信を続けていくのは難しいなと。

 LINE LIVEは十代がターゲットですから、若い子たちを反社会的なものから守っていくために、モニタリングチームが福岡にあり24時間365日、配信とコメントをチェックしています。ユーザーは日常の学校生活の中で、表現できないものをLINE LIVEの配信で表現したいという人が多い。そんな若い人たちを守るためにも、ネガティブなコメントをある程度、触れさせないようにする機能が必要なのかなと。自分で体験することを通して、そんな思いが頭をよぎりました。

 歌をライブ配信するミュージシャンを、ユーザーと同じ立場で応援してきましたが、LINEオーディションという企画の担当になったのは昨年でした。エンターテイメント事業部の中のLINE RECORDSチームとLINE LIVEがコラボして、アーティストを発掘しようという試みです。オーディションの審査の様子をLINE LIVEで配信して、その中で総合グランプリを獲得した
 「No title」という15才の3人組のバンドが、LINE MUSICという、うちの音楽配信サービスで楽曲を発表したんです。

「No title」の3人が会社に挨拶に来た時に、「人生が変わりました」と言われました。

 私は人の人生を変えることに貢献できているんだ……そんな思いを抱きましたね。不思議な気分でした。この3人にファンができて、これから新たなものが生まれていくことでしょう。

 学生時代からプロデュースのようなことに興味がありしたが、LINEは特に東南アジアに強い。LINE LIVEもLINEの強い地域に進出していきたい。日本の若い子たちの文化を発信し、アジアの若い子たちの発信も受け入れる、LINE LIVEのライブ配信が、そんな世界のコミュニケーションツールに成長していければ……。

 夢は尽きません。

取材・文/根岸康雄
http://根岸康雄.yokohama


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。