人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.05.06

入社3年目社員の本音「夢は尽きません」LINE堤奈々絵さん

あなたの知らない若手社員のホンネ~LINE株式会社/堤奈々絵さん(24才、入社3年目)~

■前編はこちら

 管理職にとって、20代の仕事へのモチベーションの理解が、職場での良好な関係を築くための一丁目一番地……、だが今回は「この会社の社員で40代の人とほとんど会ったことがない」(堤奈々絵さん)。「この3、4年で社員が3倍の1700名ほどに増えた」(広報担当)。若い人が一丸となり、会社の運営に携わる姿がありありと見て取れる会社だ。

 第20回目はLINE株式会社 エンタメプロダクト企画2チーム LIVEグローバルプロダクト企画兼務 堤奈々絵さん(24才)入社3年目。

 今やインフラとなりつつあるLINEだが、彼女は十代を中心に圧倒的な支持を得ているLINE LIVEの企画をメインに担当する。LINE LIVEはアプリをインストールすれば誰でもナマ配信ができ、それを誰もが見ることができる。内容はバラエティーに富み、配信を見た人は“いいね♥”を送って応援したり、配信者のファンになることもできる。

 学生時代韓国に留学体験のある彼女は留学中にLINEの募集を知り、エントリーしてトントン拍子に入社。ユーザーの声を吸い上げ企画に反映するのが彼女の主な仕事だ。

■アプリを刷新した新機能

「自分の顔をよく見せられる機能がほしい」「顔を可愛くしたい」というユーザーの意見が、私はずっと気になっていたんです。顔を可愛くすると言ったら、プリクラだと思いまして当時、オフィスがあった渋谷周辺のプリクラを調べて回りました。

 肌の色を変える、顔の形を変える、肌を滑らかにする、ネコのヒゲや犬の耳や鼻で顔を可愛くする等、プリクラの機能をそのままLINE LIVEに持って来られないかと。

「若い子の気持ちは若い子にしかわからない。ユーザー世代と近い堤さんが面白いと言っているんだから、やってみようじゃないか」

 これは30代後半の上司の言葉でした。プリクラは静止画ですが、LINE LIVEは動画、ここが一番の違いで、しゃべっていて顔が動いたときに、デザインが変わったら面白いなと。口を開いたらイヌ型の耳の色が変わったり、まばたきするとハートが出てきたり、涙がボアッと溢れ出たり。開発とデザインは韓国のチームが担ってくれたのですが、韓国にもプリクラはあるので、イメージを伝えやすかったです。

「LIVEスタンプ」というこれらの新機能をリリースしたのは、2016年10月でした。果たして使ってもらえるだろうか。リリースして2〜3分後には使ってくれるようになって、あっという間に何百万人というユーザーに広まりました。現在、顔の動きや表情に合わせて変わる「LIVEスタンプ」は約50種類。画面全体の色味がオシャレに変わる「フィルター」が12種類。配信者は自由にこれらを使うことができます。

 この機能をリリースしたことで、アプリの中の色合いがガラッと変わりました。それまでの無機質だったのが、ピンクや青、白、赤等、配信がパッとカラフルになって、嬉しかったですね。アプリ全体のコンセプトを一変するような機能だったと思っています。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ