みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >入社3年目社員の本音「チャレンジ精…

入社3年目社員の本音「チャレンジ精神からオーバーワークに」Hotels.comモリセイ雅さん(2018.04.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの知らない若手社員のホンネ~Hotels.com/モリセイ雅さん(28才、入社3年目)~

 20代の部下との良好な人間関係づくりに、外資系企業の社員の話は参考にはならないという声もあるだろう。だが、新卒の離職率が3年で3割という現実がある。いったい日本の会社に何が足りないのだろうか。今回はその答えの一端を垣間見れたようにも感じた。

 同世代の読者も、外資系企業の若手社員がどんな仕事をしているのか、興味のあるところだろう。

 入社3~5年の社員のモチベーションと本音に迫るこの企画、第18回目は200の国と地域でサービスを展開する外資系企業、エクスペディアホールディングス株式会社 マーケティングマネージャーHotels.com日本地区 モリセイ雅さん(28才)。前職で3年半、転職して今の会社に約2年半。ハーフで外資系企業に勤務、マーケティングを担う彼女のマインドは、欧米人と相違ないと思いがちだが、豈図らんや極めて日本人的。そのギャップがモリセイさんの諸々のエピソードに繋がっていく。

■“円”と“USドル”

 父はニュージーランド人、母は日本人です。日本で義務教育を受け、15才から大学卒業までニュージーランドで、学校の寮やシェアハウスで生活をしました。大学ではインターナショナルビジネスなどを専攻しまして、さて就職はどうするか。

 日本のほうがバイリンガルの需要がある。有利な条件で就職できるだろう。ニュージーランドやオーストラリアと比べて、日本のビジネスの規模ははるかに大きい。両親も日本にいますし、自分を育ててくれた国でビジネスを学んでみたいと思いました。

 大学3年の夏休みに日本に戻り就活をしまして。新卒で就職したのは、アフィリエイトマーケティングサービスを提供する日系の企業でした。ウェブサイトやブログ、メールマガジンといったネット媒体に、広告を掲載するネットワークを展開していまして。入社当時は、新規広告主を開拓する営業を担当していました。

 年数を経ると、いろんな形態のマーケティングにチャレンジしてみたいという思いが、徐々に募りまして。ビジネスにフォーカスしたソーシャル・ネットワーキング・サービスのLinkedInに登録したんです。すると、ある日突然、リクルーターから連絡をもらいまして。「Hotels.comにポジションが空いています」と。前職のアフィリエイトマーケティングのマネージャーとしての経験も活かせるし、いろんなマーケティングを経験できる環境だったので、スキルアップに繋げたいと考え、この会社に転職をしたのが15年の秋です。

 入社当時、ワールドワイドで事業展開するこの会社では、社内の金額の表記がUSドルだということを知らなくて、売上実績レポートに円の数字を記入したんです。すると、「100万、ミヤ、いきなりすごいなー」と、海外にいる上司に驚かれまして。話を聞いているうちに、上司はUSドルと思い込んでいることを知り、「ノーノー、ジャパニーズエン」と言ったら、100万の価値が全く異なるので、急に冷めた雰囲気になったことを覚えています。

 社内にはたくさんのマーケティングチヤンネルがあります。アフィリエイト、SEO、SEM、ブランドチャネル等、それぞれ専門的な知識を持ったスタッフが運用しています。今の私の仕事は海外支社にいる各マーケティングチャネルの担当者と話をして、どうすればより日本でのマーケティング活動が、効率的になるかを調整すること。Hotels.comの日本サイトのマーケティングを多角的な視点から考えて、日本でのマーケティングのチャネルを、一つ一つ育てていくのが業務です。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。