人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東急電鉄の新型車両、田園都市線用2020系と大井町線用6020系がデビュー

2018.04.24

■インテリア

 乗務員室は車内保温維持のため、1両片側4つある乗降用ドアのうち、ひとつを除いて締め切るスイッチ(3/4扉閉制御)を設けた。

 2020系の場合、田園都市線や東武線の途中駅で、上位列車に道を譲るため、長時間停車するときなどに使える。特に冬場の東武線で“全開”のままだと、寒風が車内を襲い、暖房の効果が消された状態となってしまうことがある。

 一方、6020系は、使う予定がないそうだ。

2020系(上側)と6020系(下側)の車内。

優先席は周囲に黄色の帯を配した。

 車内は各車両2か所に防犯カメラを搭載し、セキュリティを向上。また、空気清浄機にパナソニックのnanoeを採用し、さらなる快適性の向上を図っている。また、E235系ベース車両のため、ドアチャイムはJR東日本首都圏電車と同じ音になった。

 ロングシートはハイバック仕様で、坐り心地もよい。一般席、優先席とも、グリーン(背もたれ)とグレー(座面)を組み合わせた。フローリングの床も相まって、“自然との調和”を表現した感じに映る。

吊り手の一般席側は白色、優先席側はオレンジ色。

 吊り手は関東では標準と言えるおむすび形で、一部を低い位置にすることで、小柄な人でもつかみやすいようにした。

 手すりの一部はステンレスの加工を変えて、特殊な酸の処理をすることで、ひんやりした感じを抑えた。

2020系のフリースペース。

 フリースペースは、田園都市線の先輩車両2代目5000系にも設置されているが、車椅子とベビーカー兼用、おもにベビーカー用の2種類に分かれていた。

 2020系ではすべて車椅子兼ベビーカーに対応しており、わかりやすい。また、2段式の手すりやパネルヒーターのほか、クッションパネルを設けた。

 乗降用ドアの外側と内側に黄色の縦ラインを入れて、注意喚起を図っている。特に外側は開いた際、戸袋に引き込まれないようシールを貼付することで、事故防止を図っている。ちなみに内側は印刷。

 2020系と6020系の大きな違いは、LCDの数。6020系は乗降用ドア上のみに対し、2020系は7人掛け座席の上と車両連結部にも設置され、情報サービスの充実を図った。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。