人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.03.23

入社3年目社員の本音「18頭のチンパンジーは僕の家族です」多摩動物公園・田口陽介さん

■あなたの知らない若手社員のホンネ~多摩動物公園・田口陽介さん(25才、入社3年目)~

前編はこちら

 中間管理職にとって、20代部下の仕事への熱いマインドを理解し、「なるほどね」とうなずくことが彼らとの良好なコミュニケーションを築く礎となる。若い人にとっても、同世代がどんな仕事で汗を流しているのか。興味のあるところだろう。この企画は入社3~5年の社員の話にじっくりと耳を傾け、そのエピソードとモチベーションを紹介する。

 第12回目は多摩動物公園飼育展示課、北園飼育展示係、チンパンジー担当、田口陽介さん(25才)入園3年目だ。

 多摩動物公園で飼育されているチンパンジーは国内の動物園で最大の18頭。新入りの田口さんはチンパンジーに相手にされなかったが、個体ごとに個性を把握し、信頼関係を築かなければならない。特に鉄格子越しにチンパンジーに触れることは、彼らの体調面を管理するためにも大切な作業だ。

「絶対に事故を起こしてはならない」それは至上命令だ。力の強い彼らとの毎日の握手は手のひらを握らず手の甲に触る。チンパンジーと格子越しに追いかけっこをして遊んだり、田口さんは徐々に彼らとの関係を築いていった。

■人間社会にも通じるチンパンジーたち

チンパンジーは群れで生活をします。関係を築くのが難しかったデッキーは、人間の手で育てられました。そんなデッキーは群れの中で第1位のケンタというオスへの挨拶ができないのです。チンパンジーは自分の方が下の場合、姿勢を低くしてアッアッアッと低い声を出したりお尻を見せる。デッキーはケンタに対してそんな姿勢がとれない。運動場に出すチンパンジーのメンバーは毎日考えますが、上位への挨拶の仕方を知らないデッキーは、ケンタとずっと戦い続けることになってしまうので、2頭を同じ群れに入れません。

 群れでの生活では他の仲間をけしかけ、気に入らない相手を攻撃するチンパンジーもいます。例えば好き嫌いがはっきりしているデッキーにとって、メスのモモコは比較的好きな個体です。ある時、モモコはメスのマリナのことが気に入らず、アッアッアッと声を上げた。すると、デッキーがどうしたんだとモモコのそばに寄ってくる。2対1になりマリナが逃げ、モモコとデッキーが追いかける形になった。

 翌日、運動場の群れにはケンタがいて、デッキーはいない。この時、マリナは発情していました。チンパンジーのメスはおおよそ月に1回発情し、お尻が風船みたいにパンパンになります。発情したメスにはオスが寄ってくる。ちなみにケンタをはじめ、他の2頭のオスはパイプカットの処置が施されています。オスがそばにいるとマリナは強気で、昨日イジメられた仕返しと、モモコの餌を横取りした。

「それ私のでしょ!」とばかり、モモコが抗議の声を上げると、群れの第1位のケンタが近寄ってきて、「お前、あっちへ行け」という感じでモモコを追い払う。モモコは「なんで私がこんな目に合わなきゃいけないの!?」と言いたげに、ギャーギャー!と泣き叫んでいました。

 ケンタの一番のお気に入りのメスはピーチです。ところが最近、デッキーとも仲がいいボンボンという12才のオスが実力をつけてきて、35〜36才のケンタが君臨する第1位の座を狙っています。ピーチもその辺の力関係を察しているのか、ボンボンに近づいている。オスも腕力だけでは第1位の座にはつけません。取り巻きのメスの多さも権力を奪い取る要となります。だから、ボンボンもピーチの毛づくろいをしたり、メスの気を引いている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。