人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.02.10

秋葉原にオープンした女子力の高いオーディオ工房『AUDIO MIJINKO』に行ってみた

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

■Introduction

オーディオみじんこと言えば、オヤイデ電気のシグネチャーモデルとして一部マニアに有名だったが、これを作っていた中の人が荒川敬さんである。オーディオマニアが高じてオヤイデ電気に入社して「オーディオみじんこブログ」を発信し続けいていたが、この度、独立してオーディオ工房「オーディオみじんこ」を開店した。場所は、ものづくりの街2k540のE-2区画。2k540は秋葉原と御徒町の間の高架下を再開発した工房とショップが一体化した専門店が集まっている。

「オーディオみじんこ」は荒川さんが考案したオリジナルケーブルを初めとして、オーダーメイドのスピーカーやリケーブル、一点モノのオーディオアクセサリー、さらにビンテージスピーカーなども販売している。店内に置かれているのは試聴システムからインテリアに至るまで、オーディオマニア荒川敬さんのこだわりが感じられる。マニアックな店だが敷居が低く、なぜか女子向けスピーカー『花蓮』がオリジナル製品第一弾なのである。

■Report


2k540は高架下なので昼間でも直射日光が当たらず落ち着いた雰囲気を漂わせている。雨の日は濡れる心配がないので、雨宿りにも最適。アキバから来ると「オーディオみじんこ」は進行方向左側にある。店名表記がガラスに印字されているだけなので、見逃さないように。ガラス張りなのですぐに分かると思うが。


代表の荒川敬さんはポタ研やヘッドフォン祭でもお馴染みの人である。オーディオへの造形が深く、自作ケーブル講座を開催するほど手先が器用なのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年7月16日(月) 発売

DIME最新号の特集は「熱帯夜を乗り切る睡眠テク50」!プレモル電動式神泡サーバーを1000名にプレゼント!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ