人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

プレゼンをよりわかりやすく効果的にするグラフの使い分け

2018.01.13

 今ではエクセルやパワーポイントで、誰でもカンタンに作成できるさまざまなグラフ。しかし、TPOに合わせて適切なグラフを作れる人は、意外と少ない。多くの人は、自己流でなんとなく「円グラフにすれば格好いいだろう」といったフィーリングで作っている。しかし、グラフは種類によって機能・用途は異なり、それを間違うと、「受け手がさっぱり理解してくれない」といったことも起こるので注意が必要だ。

 今回は、インフォメーション・デザイナーであり、著書に『説明がなくても伝わる 図解の教科書』(かんき出版)がある桐山岳寛氏(TKGDS代表)に、代表的なグラフの使い分けについて教えていただいた。

●円グラフ

 見ばえのよさから、プレゼンテーションで頻繁に目にするのが、円グラフ。グラフの万能選手に思えるが、円グラフには「全体に占める割合を伝える」機能しかないと、桐山氏は言う。

「下の円グラフを見てください。A部分はC部分の何倍程度だと思いますか?」

「答えはきっかり5倍ですが、アバウトでも答えられた人はほとんどいないと思います。逆に、Aの部分が全体に対してどれほどの割合になるかは、『半分を超える程度』だと、すぐわかると思います」

「円グラフは、各部分の比較には適していませんが、『全体に占める割合』を直感的に伝えるのに便利なグラフです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。