小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ホワイトボードともノートとも異なる新しい文具『BUTTERFLY BOARD 2』の使い方

2018.01.11

この製品を初めて目にする知人らの誰もが、留め具で固定された冊子状のホワイトボードだと思いこむのも頷ける。

そうはいってもマグネットで半固定されたホワイトボードである。それぞれのボードは引っ張ることで簡単に分離することができる。

普段は外れないのに人為的に引っ張ると外れる、とは矛盾したことを言っているように聞こえるかもしれないが、これにはちゃんと理由がある。その理由とはマグネット同士が接触する面積の違いである。ボードを束ねた状態ではマグネット同士は広い面同士が接する形となっているので、強力な磁力で引きつけあっている。

その一方、ボードを切り離す時は狭い面同士が接触している(=磁力も弱い)ので簡単に切り離すことができるというわけだ。

ボードが切り離せることのメリットというのは非常に大きく、例えば別々のページに書いた内容が実は関連していることが判った際にページを入れ替えることもできるし、1ページでスペースが足りないと判明した際には2枚〜4枚を並べて2〜4倍のスペースに拡張することができる。

この自由度が他のホワイトボード製品に対する差別化ポイントとなっている。もちろん、切り離したボードは複数人で分けあって使うこともできるので、ブレインストーミングの際の用紙やクイズ大会のフリップボードとして、なんて使い方もできるかもしれない。

◆貼れるホワイトボード

マグネット式の留め具を使用したことによる副産物の1つが金属製の壁に貼ることができる、という特徴だ。この特徴は、例えば冷蔵庫に貼って家族の連絡ボードにする、会議の際に壁に貼り付けてメンバー間で内容を供覧する、といった活用シーンを提供してくれる。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。